いい夢みてる?

夢日記を公開したり、仕事のことを書いたり、思いつくまま気のむくまま

夢日記 ~ チェーンで引率 ~

 私は、知人が運転する車の助手席に座っていた。初めは普通に目的地へ向かっていたのだが、途中から、すぐ前の車が我々の車を目的地まで案内してくれるらしく、我々の車をチェーンで引っ張ってくれた。チェーンで引かれているのでアクセルを踏む必要はないが、ブレーキは自分たちで踏まねばならない。しかし、前の車がブレーキを踏んだ際に、運転していた知人がうっかりブレーキを踏み忘れたため、我々の車は前の車に衝突しかけた。見た感じ、あと数cmでも前に進んでいたら衝突するというギリギリの状況で、肝を冷やしながら起床。
                      < 完 >

↓ Kindle Unlimitedをご利用の方は、無料でお読みいただけます! ↓