いい夢みてる?

夢日記を公開したり、仕事のことを書いたり、思いつくまま気のむくまま

夢日記 ~ 百姓の駅 ~

 出勤の際に地下鉄の駅までやってきたら、後ろから友人のTくんが猛ダッシュでやってきた。彼は、電車がきているというような意味のことを言いながら、私を追い抜いて去っていった。私と彼の目的地はいっしょだったので、私は彼を追いかけて、ホームに向かって猛ダッシュした。
 階段を駆けおりてホームに向かっていたとき、ちょうど列車がホームに入ってきた。車掌の「百姓! 百姓!」という声が響き渡り、私はその列車の行き先が「百姓」という駅であると初めて知った。
 Tくんは、やってきた列車に迷いなく乗り込んだ。私もドアの前までやってきたが、このタイミングで私は急に正気に戻り、真顔で車両をみつめながらホームで立ち尽くした。私が黙って車両を見守る中、ドアが閉まった。そして、車掌の「ノヴァ、百姓! 百姓!」という叫び声とともに、列車は駅から出ていった。
                       < 完 >

↓ Kindle Unlimitedをご利用の方は、無料でお読みいただけます! ↓