いい夢みてる?

夢日記を公開したり、仕事のことを書いたり、思いつくまま気のむくまま

雑記 ~ 同僚が校長に「給料減らすぞ!」と言われた話 ~

 中学校や高校では、テスト前に自習の時間を設けることがよくある。特に、クラスによって進度が異なる場合は、自習の時間を設けて調整することなどもあるだろう。
 先日、ある講師がテスト前に自習の時間を設けたところ・・・そんなときに限って、校長がアポなしで授業見学にきたらしい。自習だと知って、校長はすぐに去っていったらしい。ところが、授業が終わってから、校長はその講師のところに行って「給料減らすぞ!」と言ったというのだ。
 私はその現場にはいなかったのだが、その場にいた講師たちは絶句したらしい。今日、何人かの講師に話を聞いたところ、ある講師は「あの言い方はないと思った」と言い、別の講師は「今の時代、ああいうこと言うのはパワハラだよね?」と言っていた。また、「本気で言っているのか、冗談で言っているのか、わからなかった」との声も聞いた。
 まぁ、結論としては、「校長が無能すぎる」の一言だろう。以前、ある講師は「前の校長が、この学校を潰すために今の校長を後任に選んだんだと思います」と言っていた。それほどに、今の校長は無能なのである。そういえば、先日、生徒募集用の学校パンフレットが完成したらしいので、私は手に取って見てみた。すると・・・パラパラめくりながら眺めただけで、誤字・脱字や構成のおかしな部分などが何箇所か見つかった。そこで、冗談半分に、違和感をおぼえたところすべてに付箋を貼ったところ、約30枚の付箋を消費してしまった。マトモな校長なら、印刷前に丁寧な点検をして、おかしいところを指摘するだろう。でも、無能なので、おそらく点検していないのだ。「自分の学校」なのに、学校紹介のパンフレットを点検しないなんて、とんでもない職務怠慢だ。こんな校長こそ、給料を減らされるべき存在なのではないか!?
 ちなみに、そんな校長にときどき「抵抗」してくれているベテラン職員がいる。ところが、先日、その職員は肩を落として私に言った。

「この前、校長が明らかにおかしいことを言ってたんで指摘したら、『オレの言うことが聞けんのか!』って恫喝されました。もう、ついていけませんわ。本年度で退職します。」

 こうして、我が校からは、有能な教員や職員がどんどんいなくなっていくのだ。逆に、校長に呼ばれて着任した無能な人々は、年々増えていっている。さて、私はどうしようか・・・? うちの学校の生徒たちは気のいい子が多くて授業も楽しいので、できれば辞めたくないのだが・・・もしかして、早く退職しないと、私も無能な教員の一角とみなされるのか!?!? 悩みどころである。
                                                           < 完 >