いい夢みてる?

夢日記を公開したり、仕事のことを書いたり、思いつくまま気のむくまま

夢日記 ~ ハンコちゃうやん ~

 私は、ハンコを押そうと力を込めて、紙にハンコを押しつけた。しかし、ほとんど印影は写らず、写っていたのはハンコの端のわずかな部分だけであった。
 私は改めて挑戦したが、押す直前に持っていたハンコを確認してみると、それはハンコではなく、太いスティックのりであった。私は、スティックのりだとわかったにもかかわらず、スティックのりの背の部分をクルクルと回して、のりの部分をさらに出した。ここで、私は冷静に考えて、「これではハンコは押せない」と気づいて諦めた。
 ちなみに、最初に押した際に、なぜスティックのりで印影が写ったのかは謎であった。
                       < 完 >

↓ Kindle Unlimitedをご利用の方は、無料でお読みいただけます! ↓