いい夢みてる?

夢日記を公開したり、仕事のことを書いたり、思いつくまま気のむくまま

夢日記 ~ 飛び散ったレンガ ~

 私は、自転車に乗って車道の横の歩道を走っていた。ところが、私はハンドル操作を誤って車道側にハンドルを急に切ってしまい、歩道と車道の間にあったレンガの壁を破壊してしまった。しかも、私は壁を突き破って車道に飛び出してしまい、レンガはかなり広い範囲に飛び散った。
 私はすぐにハンドルを切り直して歩道に戻り、足元に転がっていたいくつかのレンガを拾って、元の場所に戻した。まだレンガはあちこちに散らばっていたが、私はそれらを放置して、自転車をこいでその場を離れようとした。ところが、自転車をこぎながら振り返ってみると、2名~3名の警察官っぽい男が、私が飛び散らせたレンガを拾っていた。私は、「もしかしたら、この件で警察官が私を拘束しにきて、そのうち何らかの罪に問われるのではないか」と若干の恐怖をおぼえた。そのため、私は必死で自転車をこいで、その場を離れた。
                       < 完 >

↓ Kindle Unlimitedをご利用の方は、無料でお読みいただけます! ↓