いい夢みてる?

夢日記を公開したり、仕事のことを書いたり、思いつくまま気のむくまま

夢日記 ~ 指名しないで ~

 漫才師の「ミキ」が、私の勤務校の各教室を順番にまわりながら、漫才を披露していた。しかし、彼らは各教室でワンフレーズだけ言って隣の教室に移動するという、常軌を逸した漫才の披露のしかたをしていた。どうやら、ひとつの教室で漫才をすべてやって時間をかけてしまうと、他のクラスが退屈するだろうという考えらしい。
 初めのうち、私は彼らの後ろについて、廊下を歩いていた。しばらくしてから、私は彼らに続いて教室に入った。私が教室に入ると、急に新しいゲームが始まった。ゲームの内容は、ある人がアドリブで歌い、次に、指名された人が続きを歌うというものであった。私はそのとき、寝起きに髪を整えてくるのを忘れて、信じられないほど髪がボサボサであった。そのため、指名されて注目を集めると恥ずかしい思いをするので、少しでも影が薄くなるようにおとなしくしていた。しかし、教卓のところに立っていた先生が私を指名してきて、私はアドリブで歌わされることになった。ところが、覚悟が決まっていない状態でテキトーに歌ったので、私がアドリブで歌った歌はまったくウケなかった。
 スベった私は、指名してきた先生を恨んだ。しかし、その先生はその先生で、「もっとオモロい歌、歌えや」という空気を出していた。
                       < 完 >

↓ ここ1年ほどの間に公開した夢をまとめました ↓