いい夢みてる?

夢日記を公開したり、仕事のことを書いたり、思いつくまま気のむくまま

雑記 ~ 弱い立場の職員を休日にボランティア出勤させる管理職の異常性 ~

 私は今、怒り狂っている。先ほど、同僚の講師から信じがたい連絡を受けたからだ。

 今日、数名の生徒が「スピーチの練習をしたい」とか何とか言って、普段から練習に付き合ってくれている非常勤講師のA先生に「明日、学校で練習したい」と申し出てきたらしい。明日は祝日。非常勤講師は原則として授業だけを担当する職なので、A先生は休めるはずだった。A先生はやんわりと生徒たちに「明日、練習はできない」という意味のことを伝えたらしいのだが、ド厚かましい生徒たちは専任教員に訴えに行き、その専任教員は管理職に訴えて・・・なんと、A先生は管理職から「明日、ボランティアで出勤してもらえないか」と言われたのだとか。

 同じことを私が言われたら、テキトーに理由をつけて断っただろう。だが、A先生は人柄がいいので、ボランティアで出勤することを了承したそうなのだ。もしかしたら、「ここで断ったら印象が悪くなって、年度末に契約を切られるかもしれない」とか考えたのかもしれない。いずれにせよ、休めるはずだったA先生は、明日出勤するハメになった。

 この時点で、相当に頭がおかしい話だ。何にも悪いことをしていないのに休日に出勤するよう求められ、しかも、完全なタダ働き。おまけに、A先生は公共の交通機関をいくつも乗り継いで出勤するので、往復の交通費だけで2000円以上かかる。なぜ2000円以上も自腹を切って、休日にタダ働きをさせられにゃならんのだ!!

 これ、鋭い人は気づくだろうが、A先生だけの問題ではない。一度、こういった前例をつくってしまったら、今後は他の非常勤講師も休日に出勤するよう求められて、タダ働きをさせられる可能性がある。正直、私はそんなのまっぴらゴメンだ。

 怒りが頂点に達した私は、どうしたものかと悩んだ末に、3年ほど前に事務長とLINEを交換していたことを思い出した。この事務長は、もと銀行員だったそうで、かなり一般常識のある人だ。私は、失礼を承知で、上記のありえない話を事務長にLINEで伝えた。事務長からは、すぐに以下のような返信があった。

「A先生には業務として出勤していただくので、対価が発生します。」

 あたりまえだ!! さて、問題はここからである。事務長はそう言っているが、この話が頭のおかしい管理職どもに通るのかどうか。果たして、事務長は管理職どもにかけあってくれるだろうか。もしダメなら、空気を読まずに、私が管理職どもに突撃する必要があるかもしれない。

 ちなみに、10年ほど前、私は他校で似たような状況になって、何日か休日出勤するハメになった。給料も交通費も出ない業務だったので、私は不満だったのだが・・・なんと、すべての業務が終わったときに、校長が「これ、ポケットマネーなんですけど、どうぞ」と言って1万円をくれた。正直、1万円では足りない仕事内容ではあったのだが、校長の配慮が非常にうれしかったのを覚えている。うちの管理職も、そういう配慮をしてくれたらいいのに。ムダに4人もいる管理職・・・1人でも、配慮ができる人はいないもんだろうか。最近、近くの席の年配講師が事あるごとに「この学校の管理職はクズ!」と大きな声で連呼しているのだが・・・ここで講師への配慮をみせておけば、その年配講師もおとなしくなるかもしれないぞ。

 ということで、おかねください。

                       < 完 >

↓ kindle unlimitedをご利用の方は、無料で読めます! ↓