いい夢みてる?

夢日記を公開したり、仕事のことを書いたり、思いつくまま気のむくまま

夢日記 ~ 日番やります ~

 朝、私は生徒として登校し、教室に入った。すると、黒板にある日番の欄が空欄になっていた。クラスメイトによると、どうやら日番が誰なのかがわからないらしい。そして、クラスの何名かは、私に日番をしてほしいと思っているようだった。そこで、私は日番を引き受けることにした。

 まったく気づいていなかったが、すでに1限の担当である美術の若い先生が教室に来ていた。私は慌てて、「起立!」と号令をかけた。全員が立ったところで私が「礼!」と言おうとしたところ、すぐ右にいた生徒が「礼!」と言ったので、私は肩透かしをくらったような感じになった。

 その後、全員が着席してから、美術の先生は受験について早口で語り始めた。それと同時に、私の前の生徒が私語を始めた。すると、私の右の生徒がすぐに「うるさい!」と注意を促した。私はそれに続くような形で、注意を促した生徒よりも大きな声で「うるさい」と「ウザい」の中間のような発音でことばを発して、私語をしている生徒を黙らせた。その直後、私のケータイから、目覚まし音がけたたましく鳴り始めた。気まずい思いをしながら起床。

                       < 完 >

↓ kindle unlimitedをご利用の方は、無料で読めます! ↓

おもしろ夢日記Ⅱ: アラフォー男の15年の記録