いい夢みてる?

夢日記を公開したり、仕事のことを書いたり、思いつくまま気のむくまま

夢日記 ~ 干支の解説 ~

 私は、授業中に、干支を使って年を表す方法について解説し始めた。ところが、授業の残り時間が2分~3分というところで話し始めたうえに、十干と十二支について詳しく解説していったせいで、かなりバタバタしてしまったた。残り時間を気にして焦った私は、かなりの早口でしゃべって、焦り狂っていた。さらに、何も考えないでテキトーに板書を始めたうえに、教室の隅にあった小黒板に恐ろしく小さな字で十干と十二支を書いたので、非常に見づらくなってしまった。

 そんな状況で、私は、十干にあたる「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」がちゃんと読めるかどうかを生徒に聞いた。すると、ひとりのマジメな生徒が「きのえ、きのと、ひのえ、ひのと・・・」とすべて訓読みで読んだので、私は驚いた。

 ひととおりの説明を終えたあと、私は、先ほどの生徒が十干の読み方を『鬼滅の刃』で知ったのだろうと思った。そこで、私は、その生徒に「それは、何で知ったの?」と聞いた。ところが、その生徒は「何となく」としか答えなかった。想像が外れて、私は少し妙な気持ちになった。

                       < 完 >

↓ kindle unlimitedをご利用の方は、無料で読めます! ↓

おもしろ夢日記Ⅱ: アラフォー男の15年の記録