いい夢みてる?

夢日記を公開したり、仕事のことを書いたり、思いつくまま気のむくまま

夢日記 ~ たまらないソフトクリーム ~

 私は、何名かの知人といっしょにカラオケをしていた。ところが、そのカラオケ店の機種には、私が歌いたい歌が入っていなかった。そこで、知人らは別の店へ移動しようと言い出し、我々は別のカラオケ店に行った。

 やってきたカラオケ店のドリンクバーのコーナーで飲み物を調達していたとき、ソフトクリーム食べ放題の機械が設置されていることに気づいた。私は、大ジョッキにグレープジュースを半分ほど入れて、その上からソフトクリームを入れようと思った。すると、いっしょにいた知人がまったく同じことを考えていたようで、私よりも先にソフトクリームをジョッキに入れ始めた。ところが、どういうしくみになっているのか、ソフトクリームを入れても入れても、ソフトクリームはジョッキにたまっていかなった。そのまま知人がソフトクリームを入れ続けた結果、いつの間にか、ソフトクリームがジョッキからこぼれ落ちそうになっていた。それに気づいた私が「あぶない! あぶない!」と声を出したため、知人は機械を操作する手を止めた。私は、絶対にソフトクリームがこぼれたと思った。しかし、なぜか、ソフトクリームはジョッキからまったくこぼれていなかった。

 その後、私の番になったが、機械を操作し始めた直後にソフトクリームが出てこなくなった。ソフトクリームが尽きたのかと思ったが、ソフトクリームがなくなったことを示すランプは点灯していなかった。もしかしたら、機械が故障したのかもしれない。

 しかたないので、私はソフトクリームを諦めて、知人らが待つカラオケルームに入った。ルームで席についてすぐに、私は歌いたかった歌を最初に歌わせてもらうことになり、曲をリモコンで入力しながら起床。

                       < 完 >

↓ kindle unlimitedをご利用の方は、無料で読めます! ↓

おもしろ夢日記Ⅱ: アラフォー男の15年の記録