いい夢みてる?

夢日記を公開したり、仕事のことを書いたり、思いつくまま気のむくまま

夢日記 ~ 催眠から目覚めよ ~

 私が居間のようなところで横になって寝ていると、何やら声が聞こえてきた。どうも、母らしき声で「そのまま眠りなさい」とか「お金を渡しなさい」とか言っているようであった。私は、催眠でもかけようとでもしているのかと思い、あえてその罠にハマってやろうと考えた。そこで、私は、わざと体の力を抜くなどして、より深く眠りに落ちていくフリをした。

 しかし、すぐにバカバカしくなってきて、私は目を開けようとした。ところが、本当に催眠でもかかっているのか、なかなか目を開けることができなかった。私はどうにかしたいと思って、かなり全身に力を入れた。すると、ようやく目を開けることができた。

 目を開けてみると、母だけでなく、見知らぬ数名の人々が、私が目を覚ましたことに慌てふためいていた。そして、彼らはみな、青っぽい色をした警棒のようなものを1本ずつ持っていた。

                       < 完 >

↓ kindle unlimitedをご利用の方は、無料で読めます! ↓

おもしろ夢日記Ⅱ: アラフォー男の15年の記録