いい夢みてる?

夢日記を公開したり、仕事のことを書いたり、思いつくまま気のむくまま

雑記 ~ 共通テストの問題に会話文が多すぎてイラつく件 ~

 大学入学共通テストの問題をネットで見て、呆れかえった。私は社会科の教員なので、社会科の各科目の問題をおおまかに眺めたのだが・・・どの科目も、会話文が多くて辟易した。先生と生徒の会話だったり、生徒どうしの会話だったり、とにかく会話に次ぐ会話・・・。まるで、「問題に会話文を入れなければならない」というルールでもあるのかのように、会話が並んでいた。

 私は、勤務校の定期テストで、しばしば会話文を用いた問題を作成する。15年くらい前からそういった問題を出題してきたが、過去に数回、生徒からこう言われた。

「普通の問題なら解けるんですが、会話文の問題になると急に解けなくなってしまいます。」

 おそらく、会話文の問題が解きづらいのは、教科書や授業プリントなどで使われている表現とは異なる表現が使われているからだと思う。教科書や授業プリントなどに書かれている文言を「丸暗記する」のではなく、自分なりのことばで「理解する」ということを普段から心がけていれば、テストでどんな表現が使われても解けるはずだ。

 そういうわけなので、共通テストで会話文を出題しているのは、受験生が内容を理解できているかどうかを確認するため・・・だと私は思っている。しかし、私には、どうしても納得いかないことがある。それは、以下の4点である。

 1点めは、会話文にムダが多すぎることである。授業で習わないようなマニアックな内容についての会話文を延々と読まされるのは、受験生にとって腹立たしいことだろう。しかも、その会話文のほとんどが問題を解くのに無関係というケースもあり、読んでいて発狂しそうになるかもしれない。

 2点めは、会話をしている人数についてである。10年以上も前のことだが、私は自分が作成した会話文の問題を点検していて、「3名以上の会話文だと、誰が何をしゃべっているのかが読み取りにくいなぁ・・・」と反省したことがある。だから、現在は「原則として、会話をする人数は2名」と決めている。なお、今回、世界史の共通テストで4名が参加している会話文があった。おそらく、マジメな受験生は、誰が何を言っているかを整理するのに苦労したのではないだろうか。限られた時間の中で解答しなくてはならないのだから、受験生にこんなことで時間を使わせるのはよくないと思う。

 3点めは、会話文の読解が国語力や一般教養にかなり左右されるという点だ。たとえば、今回の世界史の共通テストで、三国時代の武将である関羽や、関羽を祀った関帝廟についての会話文があった。関羽関帝廟については、資料集などに載っていることはあるが、教科書にはほとんど載っていない。そのため、多くの受験生は「関羽」や「関帝廟」といった用語について、テスト中に初対面ということになる。しかも、関羽」にも「関帝廟」にも読み仮名がつけられていないので、「何て読むの・・・!?」と惑った受験生も多いだろう。国語力や一般教養が乏しければ、「読めない初見の歴史用語」についての会話を理解するのは一苦労である。もはや、世界史の力を試そうとしているのか、国語力や一般教養を試そうとしているのか、サッパリわからない

 そして、4点めは・・・実に個人的なうえ、しょ~もないことなのだが・・・カタい標準語で、現実離れした会話をしているようすを読んでいると、単純にイライラするという点だ。読みながら、「こんな状況、ありえねぇよ!!!」とか、「生徒がこんなに賢いことを言うわけないやろ!!!」とか、「異様に現実離れした会話を、淡々と標準語ですんなや!!!」とか、心の中でいろいろとツッコんでしまうのだ。歪んだ考え方ではあるが、私は関西人なので、ちょっと笑ってしまうようなオモシロ会話なら許せる。でも、共通テストでは、オモシロ会話は一切ない。改めて書くが、とにかく読んでいてイライラする。

 といった具合に、納得のいかない点が満載だ。最後に、私が危惧していることを書いておきたい。共通テストが会話を多用する問題になっているので、各学校の先生方も「定期テストに会話文を入れてみようか」などと思うかもしれない。しかし、日常生活の中で会話文を書く機会が少ないせいか、会話文を書くのは思いのほか難しいのである。妙な口調になってしまったり、会話にオモシロさを足そうとしているうちに変な日本語になってしまったりする。そして、失礼な言い方だが・・・私の周りには、普段から助詞の使い方が誤っていたり、主語と述語がかみ合っていない文を平気で書いたりする先生がチラホラいる。そういう国語力のない先生がムリして会話文を書いたりすると・・・もう、想像しただけでゾッとする。そういうわけなので、国語力に自信がない先生は、会話文を作成する際には要注意である。ヘタクソな会話文を作成してしまったら、生徒は大迷惑なうえ、先生の評価も爆下がりである。特に・・・私の勤務校にいる、テストの問題文に誤字・脱字が山ほどある若い国語の先生! アンタは絶対に会話文を作ろうとするなよ!!! ますますアホがバレるぞ!!!

                       < 完 >

↓ kindle unlimitedをご利用の方は、無料で読めます! ↓

超個人的 世界史雑談集: ある意味で珍しい話、集めました