いい夢みてる?

夢日記を公開したり、仕事のことを書いたり、思いつくまま気のむくまま

夢日記 ~ Yeah! Yeah! ~

 テストの採点をしようとしていた英語科のS先生(40代・女性)が、このようなことを言った。

「私が“Yeah! Yeah!”と続けて言ったら、イイ感じっていうことね。」

 私は、S先生が“Yeah! Yeah!”と言ったらお菓子を投げ渡してあげようと思って、個包装のチョコレートをひとつ手に持って準備していた。しかし、S先生は採点しながら「あ~・・・」とか「え~・・・なんで~・・・」などと言い続けた。どうやら、正解していてほしい問題で、誤答が続出しているらしい。しかも、ほぼまちがいをすることがない秀才の生徒でさえも誤答を連発しているとのことで、S先生はイラついているようであった。

 私は、S先生の心を落ち着けようとして、S先生がまだ“Yeah! Yeah!”と言っていないのに、S先生に向かってチョコレートを投げた。しかし、私が投げたチョコレートは、S先生ではなく、ネイティヴ教員のT先生のほうに向かって飛んでいった。しかも、チョコレートはT先生にさえ届かず、床に落ちた。

 私は、落ちたチョコレートを拾いにいきながら、S先生が採点しているようすを間近で見てみた。すると、S先生の手元に、私があげようとしていたのとまったく同じ種類のチョコレートがひとつ置かれているのが目に入った。私は、「違うお菓子を用意しておいたほうがよかったかな?」と思った。

                       < 完 >

↓ kindle unlimitedをご利用の方は、無料で読めます! ↓

おもしろ夢日記Ⅱ: アラフォー男の15年の記録