いい夢みてる?

夢日記を公開したり、仕事のことを書いたり、思いつくまま気のむくまま

夢日記 ~ 私が歌う番 ~

 音楽の授業で、「翼をください」を歌うテストが実施されることになった。私は、それなりにうまく歌える自信があったので、自分の番が来るのを心待ちにしていた。

 私の番が近づいてくると、なぜか場所が音楽室ではなく、中央がプールになったスタジアムにようなところに切り替わった。テストを受ける者は順番にプールの裏の控室に行き、ひとりずつプールサイドに出ていって歌うというしくみであった。

 私の前に歌うのは同僚のSさんであり、Sさんがプールの裏に行ったので、私も後に続いてプールの裏に行った。私は、自分の番が近づいてきて、楽しみでドキドキしていた。しかし、自分の番がくる前に起床。

                       < 完 >

↓ kindle unlimitedをご利用の方は、無料で読めます! ↓