いい夢みてる?

夢日記を公開したり、仕事のことを書いたり、思いつくまま気のむくまま

夢日記 ~ 車で送って ~

 自宅で、私は後輩のKさんやSくんと会話をしていた。Kさんから「仕事、たいへんじゃないですか?」と聞かれた私は、こう答えた。

「そうですね・・・『紳士服の青山』に勤めながら、非常勤講師もやってるんで、体力的につらいですわ・・・。」

 すると、Sくんがこんなふうに言った。

「なんでしたら、明日の朝は、青山まで車で送りましょうか?」

 もちろん私はうれしく思い、Kさんは「よかったですね!」と喜んでくれた。しかし、しばらくして、唐突にSくんの姿が消えた。探してみると、Sくんは、私の布団の上で勝手に熟睡していた。

 翌朝、Sくんは約束どおり、私を送ってくれることになった。しかし、Sくんの車で移動している際に、道路の両サイドにこれでもかと自転車がとめてある商店街を通るハメになった。今にも車と自転車が接触しそうな状態で、ドキドキしたりイライラしたりしながら起床。

                       < 完 >

↓ kindle unlimitedをご利用の方は、無料で読めます! ↓