いい夢みてる?

夢日記を公開したり、仕事のことを書いたり、思いつくまま気のむくまま

夢日記 ~ 帰る気はないよ ~

 ショッピングモールの最奥に、同僚のTさん(30代・女性)が店員をしている雑貨屋があった。私はその店で品物を物色していたが、そこに、あまり関わりたくない先輩がやってきた。彼は、私といっしょに帰りたいというオーラを全開にしていた。逆に、私は、彼といっしょに帰る気がまったくなかった。そのため、私は、できるだけ彼と関わらないですむように気配を殺しながら、店で見つけた芸人のフォトブックを熟読して時間をつぶした。

                       < 完 >

↓ kindle unlimitedをご利用の方は、無料で読めます! ↓

おもしろ夢日記Ⅱ: アラフォー男の15年の記録