いい夢みてる?

夢日記を公開したり、仕事のことを書いたり、思いつくまま気のむくまま

雑記 ~ 2学期も、うちの学校はダメみたい ~

 明日、私が講師として勤務している学校は始業式である。そして、始業式の直後に、国・社・数・理・英の「課題テスト」が実施される。その件で、私は少し困っている。テストは明日なのに・・・現時点で、どの時間にどのテストがあるのかについて、学校からの連絡がないのだ。もちろん、誰がどの科目のテスト監督をするのかについても、連絡がない

 前にも別の記事に書いた気がするが、以前から、私の勤務校の連絡機能は崩壊していた。とにかく、私のような講師への連絡がこないのだ。われわれ講師は前から困っており、毎年のように、何人かの講師が校長面談の際に「ちゃんと連絡をください」と指摘している。でも、いくら指摘しても、学校の体制は変わらず、今に至っている。

 少し話がそれたが・・・最初に書いたとおり、明日の課題テストについて、学校からの連絡が何もないのだ。言いかえれば、われわれ講師は、どの時間に出勤したらいいのかわからないのである。迷惑な話だ。

 しかし、今は便利な時代である。実は、ある講師が少し前にテストの時間割と監督表を入手しており、それを写真に撮ってLINEで送ってくれたのだ。その写真がなければ、本当に何もわからなかった。ありがたいことだ。

 というわけで・・・とりあえず、その写真を見れば、テストの時間と監督についてはわかる。それはいいのだが、致命的な問題がひとつあった。監督表を眺めていて、私は、あるベテラン講師がすべての科目のテスト監督を入れられているのを見つけてしまったのだ。間に昼休みを挟んでいるとはいえ、5連続のテスト監督はヒドい。実際にテスト監督の経験をした方はおわかりだろうが、テスト監督の時間は、基本的に「無言でただ立っているだけ」のつらい時間だ。50分のテストを3つほど監督しただけで、精神的にはぐったりである。それが5連続とは・・・。自分がそんなにテスト監督を当てられたら、ブチ切れながら教頭か教務部長に文句を言いに行くだろう。

 さて、1日に5つもテスト監督を入れられた講師がいるという上記の話・・・ただでさえブッ飛んだ話なのだが、これに関連して、もっとブッ飛んだ話があるのだ。残念なことに、以前から私の勤務校では、講師が1日に4つも5つもテスト監督を入れられるということがあった。そして、何人もの講師が「こんなに連続で監督を入れられたら、集中力がもちません!」と教務部長に直接不満を申し出ているのだ。そういったことが何年も続いているのに、いまだ直らない。何度も直接不満を申し出ているのに直らないのだから、もう申し出るだけムダだろう。自分の勤務校ながら、残念でしかたない。

 本来なら、「気持ちも新たに2学期を迎えよう!」という心意気であるべきなのだろうが、現状「やっぱり、2学期もダメだこりゃ」という感じである。そういえば・・・何年か前に、生徒が「うちの学校、連絡がちっともこないんですよね」と不満を言っていた。もしかしたら、生徒も明日のテスト時間割を知らないのかもしれない。たぶん、何人かの生徒は私と同じく、「やっぱり、うちの学校はアカンな・・・」と妙な気持ちで新学期を迎えることになるのだろう。まったく、教育によくない学校である。だが、反面教師としては非常に優秀な学校だ。生徒のみなさん、しっかり学んでください。

                       < 完 >

超個人的 世界史雑談集: ある意味で珍しい話、集めました