いい夢みてる?

夢日記を公開したり、仕事のことを書いたり、思いつくまま気のむくまま

雑記 ~ なんで連絡くれへんの? ~

 先日、午前中に勤務校の廊下を歩いていたところ、S先生に呼び止められた。何だろうと思ったら、私が担当している科目の成績について、こんな感じのことを言われた。

「先生の担当科目の成績についてなんですけど、あるクラスの三者面談で、生徒が『本来の成績より2点低くつけられてる!』と指摘してきたらしいんです。で、どうやら他の子たちも同じことを言ってるみたいなんですが、心当たりはありますか?」

 私は、まったく心当たりがなかった。そして、かなり混乱した。最近、年齢的なものもあってか、以前だったら考えられないようなミスをするようになったからだ。もしかして、やらかしてしまったのだろうか。とはいえ、全員の成績を2点低くつけるなんて、ありうるのだろうか? 私が困っていると、S先生はこう言った。

あとで、そのクラスの担任に詳しく確認しておきます。今日、先生は何時まで学校にいらっしゃいますか?

 私はその日、仕事の区切りがついたら、午前中でサッサと退勤しようかと思っていた。でも、本当に成績をまちがってつけていたのなら、退勤している場合ではない。私は、その先生に「いつ帰るかは決めてないんですが、とりあえず、午後までは学校にいようと思います・・・」と告げた。すると、S先生は言った。

「じゃあ、また後で連絡します。最悪、メールしますので。」

 このやりとりのあと、私は慌てて自分がつけた成績について確認した。帳簿を見て、成績の計算に使ったExcelの式がまちがっていないか確認して、成績入力ソフトへの入力ミスがないか点検して・・・いろいろ調べたが、結局、ミスは見当たらなかった。ワケがわからない。

 これ以上、わからないものを調べてもしかたがない。私は別の仕事を進めた。そして、約2時間後、その日にすべき仕事がすべて終わった。帰りたいところだが、成績のことを解決しないと気持ちが悪い。私は、S先生を探したが、どこに雲隠れしたのか、姿が見えない。その後、書類をシュレッダーにかけたり、掃除をしたりして、テキトーに時間をつぶしながらS先生が戻ってくるのを待ったが、ちっともS先生は戻ってこない。

 こうして、2時間ほど時間つぶしをしたあと、私はガマンできなくなって、たまたま目に入ったY先生に声をかけた。Y先生は、生徒から三者面談で直接苦情を聞いた担任である。Y先生なら、まちがいなく状況を把握しているだろう。私は、Y先生におそるおそる「すみません、私がつけた成績がまちがってたと聞いたんですが・・・」と声をかけた。返ってきたY先生のことばは、信じがたいものだった。

「あぁ! あれね! 先生がまちがってたわけではなかったんですよ! 成績がまちがってたのは、S先生の科目だったんです! さっきS先生にその件は確認したんで、先生は何も悪くないですよ!」

 発狂しそうであった。私が担当している科目とS先生が担当している科目は、科目の名称が似ている。どうやら、そのせいで、どこかでカン違いが起こったらしい。とはいえ、カン違いが起こるのは、しかたがない。理解できないのは、S先生が私に何も連絡をくれないまま、雲隠れしていることだ。まちがっていたのが自分だったと判明した時点で、私にすぐ連絡をよこすのが普通だろう。私は、S先生から成績の話を聞いてから、約4時間もモヤモヤしていたのだ。特に後半の2時間は、帰宅したい気持ちをおさえて、時間つぶしをしていたのだ。私の時間を返してくれ!

 結局、私はS先生に会えないまま、退勤した。この件、本当にマズいのは・・・あれから数日が経ったのに、S先生からはメールも何もこないということである。前述のように、S先生は「最悪、メールします」と言った。自分のミスで私を巻き込み、困らせておきながら、謝罪メールの1通も送ってこない。これ、教員の態度としておかしいと思う。まぁ、前からS先生はあまり謝らない人という印象があったので、私は「また今回も謝らへんのかよ」という感じであったが・・・あまり気分はよくない。

 S先生にかぎったことではないが・・・私のこれまでの経験でいうと、教員の中には、なかなか謝らないタイプの人がいる。そのうち一部の教員は、プライドがジャマしているのか、どう考えても自分が悪いのに、意地でも謝らない。教員は人間だから、ミスを犯すこともあるだろう。当然、生徒に迷惑をかけたら、生徒にも素直に謝るべきだ。それが信用につながって、生徒と良好な関係を築くにあたって役立つのである。

 というわけで、教員のみなさん! 悪いことをしたら、ちゃんと謝ろう! おっと、教員だけじゃなかった! 政治家のエラい先生方も、ミスをしたら、きちんと認めて謝ったほうがいいっすよ。謝らずにヘリクツばっかりこねてウダウダ言ってると、国民との良好な関係を築けないっすよ。自分のことを棚に上げて言うが、まったく、「先生」と呼ばれる連中には困った人が多いもんだ・・・。  

                       < 完 >

↓ kindle unlimitedをご利用の方は、無料で読めます! ↓

超個人的 世界史雑談集: ある意味で珍しい話、集めました