いい夢みてる?

夢日記を公開したり、仕事のことを書いたり、思いつくまま気のむくまま

夢日記 ~ 人生の分岐点 ~

 空手が得意な女の子が、人生の晴れ舞台に立とうとしていた。彼女はこれから、空手の大会の決勝に出場するのである。目の前の扉を開ければ、そこは決勝の舞台である。

 しかし、彼女はやらかしてしまった。彼女が扉を開けた先に広がっていた光景は、彼女の応援にきた子たちが応援の練習をしているようすであった。彼女は、応援にきた子たちが練習しているようすを見て、そっちのほうが楽しいと思ってしまった。その結果、彼女は空手の決勝大会に出場するのをやめて、応援団になることを決めたのであった。

                       < 完 >

↓ まもなく、無料キャンペーン終了です!! ↓

おもしろ夢日記Ⅱ: アラフォー男の15年の記録