いい夢みてる?

夢日記を公開したり、仕事のことを書いたり、思いつくまま気のむくまま

雑記 ~ 授業の進度、遅すぎィィィ! ~

 定期テストに関する別の記事を書いていて、ふと思い出した。先日、期末テストの直前に生徒と交わした会話の中で、私にとっては理解に苦しむことがあったのだ。

 私の専門科目は世界史なのだが、勤務校で高1の世界史を担当しているのは、別の先生である。しかも、その先生は世界史が専門ではない。まぁ、こういうことは、学校ではよくある話だ。それはわかっているのだが、私としては「自分が担当したい!」という思いが強くある。だから、私は高1の世界史の授業がどんな感じなのか、気になってしかたがないのだ。そこで、定期テストの直前に、高1の生徒たちに「今、世界史の授業はどのへんやってんの?」と聞いてみた。すると、生徒たちから「オリエントです」という答えが返ってきた。

 私は「マジで!?」と思った。世界史の授業は、週に2時間ある。1学期も終わりかけているのに、まだオリエント・・・!? 私はてっきり、オリエントはとっくに終了して、ギリシア・ローマあたりに進んでるだろうと思っていた。とにかく、私の中では進度が遅すぎる。とりあえず、私は続けてこう聞いた。

「オリエントということは・・・アッシリアとかアケメネス朝とか、やってんのかなぁ?」

 すると、生徒たちの反応はこれだ。

「何ですか、それ?」

 変な汗が出そうになった。高校の世界史に詳しい人しかわからないだろうが、1学期も終わりかけているのに、アッシリアもアケメネス朝も習っていないなんて・・・もはや、「進度が遅い」というより、「進んでいない」と表現したほうが適切だ。

 生徒たちとそんな会話を交わしたあと、私は、自分が世界史を担当する際に使っている授業プリントを見てみた。わかっていて授業プリントを見たので当然なのだが・・・ドン引きであった。B4サイズの私の授業プリントでいうと、上記の世界史の授業は、まだ3枚分も進んでいないのだ。15回くらいは授業があったと思うのに、なんでプリント3枚くらいしか進んでないんだ!? ちょっと待てよ・・・1学期まるまる使ってプリント3枚分しか進んでないということは・・・定期テスト1回の範囲は、プリント1枚~2枚!? 超楽勝科目やん!!!

 衝撃は、まだ続いた。きっと異常なまでに楽勝であろう世界史のテスト、結果が気になって成績データを見てみたら・・・クラスによっては、平均点が50点ちょいしかないじゃないか!! 先生も先生なら、生徒も生徒である。平均80点前後、出してくれよ!!

 ちなみに・・・期末テストの翌週、私は高1の生徒がクラスメイトにこんなことを尋ねているのを耳にした。

「次の世界史の授業、テスト返しやんなぁ?」

 で、聞かれたほうの生徒の答えはコレだ。

「そうやで。で、テスト返したあとは、ビデオ見るんやって!」

 進めや!!! ビデオ見とるヒマなんかあったら、少しでも進めや!!! 来年度、まぁまぁの確率でワシが世界史の授業を引き継ぐんやぞ!!! 教科書の内容、受験までに終わらへんやん!!!

 生徒たちよ・・・頼むから、高2・高3で世界史を担当する先生に対して「受験までに範囲が終わらないじゃないですか! どうしてくれるんですか!!」とか言わんとってくれや・・・。正しい判断力を身につけてくれていれば、誰が戦犯か、きっとわかるよなぁ・・・。 

                       < 完 >

↓ 7月20日くらいまで、無料キャンペーン中!! ↓

超個人的 世界史雑談集: ある意味で珍しい話、集めました