いい夢みてる?

夢日記を公開したり、仕事のことを書いたり、思いつくまま気のむくまま

夢日記 ~ 熱い想いであってくれ ~

 バスの中で、ある若者が、隣の席に座っていた女性に「君が好きだ!」と堂々たるようすで告白した。彼が握っていたマイクは、湯気が出るほどに熱を帯びていた。誰の目から見ても、彼の熱い想いがマイクに伝わっているようであった。

 しかし、彼はマイクから湯気が出ている件について、こう説明した。

「太ももで必死に温めました。」

                       < 完 >

↓ 7月20日くらいまで、無料キャンペーン中!! ↓

おもしろ夢日記Ⅱ: アラフォー男の15年の記録