いい夢みてる?

夢日記を公開したり、仕事のことを書いたり、思いつくまま気のむくまま

夢日記 ~ 貧乏なんです ~

 私はスーパーで買い物をしていたとき、レジに向かう直前に、ひとつの菓子パンを手にとった。しかし、私は思い直して、その菓子パンを棚に戻してレジに向かった。

 すると、若い女性店員が私のところにやってきて、私が棚に戻したのとは別の菓子パンを勧めてきた。私は、その菓子パンが欲しくはなかったし、近づいてきた女性店員に少し恐怖感を抱いた。そのため、私は無言で店員から離れて、逃げていった。

 店から出て、私が自分の自転車のところにやってくると、店長らしき男性と先ほどの女性店員が私のところにやってきた。店長らしき男性は、女性店員に対して「さっきみたいなやり方じゃダメだよ」などと言っているようであった。

 私が一刻も早く立ち去ろうとして自転車に乗りかけたところ、店長らしき男性が「車をお持ちじゃないんですか?」と言ってきた。私は、それに対してこう答えた。

「社会的地位も低いし、お金もないので、持ってないんです。」

                       < 完 >

↓ kindle unlimitedをご利用の方は、無料で読めます! ↓

おもしろ夢日記Ⅱ: アラフォー男の15年の記録