いい夢みてる?

夢日記を公開したり、仕事のことを書いたり、思いつくまま気のむくまま

夢日記 ~ めっちゃ怖かったのに ~

 いつの間にか、私は狭い小屋の中にいた。小屋には2か所に大きな窓があったので、私はその窓から脱出しようとした。

 しかし、窓の外には首回りが3mほどある恐ろしく首が強そうなホワイトタイガーが3匹も徘徊しており、非常に恐ろしい雰囲気だった。しかも、私が脱出しようと窓に近づくと、3匹のホワイトタイガーは窓へにじり寄ってきて、とても脱出できる状況ではなくなった。それでも慎重にようすをうかがっていると、一瞬、ホワイトタイガーたちの間にわずかな隙間ができた。覚悟を決めた私は、猛然と外に飛び出し、なんとか脱出することに成功した。

 その後、私は何名かの友人に出会ったので、彼らにホワイトタイガーから逃げてきたことを話そうとした。しかし、彼らは、私の話にさほど興味をもってくれなかった。

                       < 完 >

↓ kindle unlimitedをご利用の方は、無料で読めます! ↓

おもしろ夢日記Ⅱ: アラフォー男の15年の記録