いい夢みてる?

夢日記を公開したり、仕事のことを書いたり、思いつくまま気のむくまま

雑記 ~ お願い! なくなれ! 教員免許更新制 ~

 今朝、起きてすぐに寝ぼけまなこでWEBニュースを確認したところ、「教員免許更新制 廃止へ」との記事があって、一気に目が覚めた。

 「廃止を検討する」とのことであり、まだ廃止されると決まったわけではないが・・・頼むから廃止してほしい。10年に1度の更新講習であるとはいえ、私のような低収入の非正規雇用の教員にとっては、3万も4万も自腹を切って講習を受けるのは、大きな負担なのだ。

 もちろん、金銭面だけではない。すでに多くの人がネットなどに書いているが、更新講習は内容面でもパッとしないものがほとんどである。職場でときどき更新講習の話になるが、「受講してよかった」と言っていた人はひとりもいない。先生方は、口々に「めんどくさい」・「意味がない」・「受講者がほとんど寝てた」と不満タラタラなのである。

 更新講習は、受講する側はもちろん負担を感じるわけだが、管理する側にも負担がのしかかる。私の勤務校の管理職も、更新講習の受講状況や更新期限などを確認するために、わざわざ細かい書類を作って先生方に配付していた。しかし、残念ながら、うちの学校の管理職はみなポンコツなので・・・「至るところに文意不明の箇所があり、熟読しても、どの欄に何を記入したらいいのかわからない」という意味不明な書類ができあがり、先生方が大混乱したこともある。

 思えば、自分が更新講習を受けたときも、講習を担当していた講師たちはひどかった。たぶん、イヤイヤ講習を担当しているんだろうが・・・ほぼ全員が「スクリーンにスライドを映して、淡々と読み上げる」という感じの講習だった。おかげさまで、「こういう講義をすると、みんな退屈するよね」ということがわかった

 特にひどかったのは、「ユーモア」を題材とした講習であった。講義の担当者は4名いたのだが、そのうちの3名はまったくユーモアがない人だったのである。正直、「自分は何のために、わざわざこの講習を選んだんだ!?」と思わせる内容であった。

 中でも、延々とチンパンジーの話をしている担当者には閉口した。長時間にわたって淡々とチンパンジーの話が続き、受講者は次々と寝始めた。私は「きっと、最後にこの話が学校教育と結びつくにちがいない・・・」と思って耐えていたが、結局、最後までチンパンジーの話だった。いや、もしかしたら、少しくらいは教育に関する話をしていたのかもしれないが・・・それすらわからないほど、チンパンジーまみれの話だった。その講義の中で、私が覚えている唯一の話はこれだ。

2匹のチンパンジーが、柱の周りをぐるぐる回って、追いかけっこをしていました。しばらく観察していると、いつの間にか、追いかける側と追いかける側が入れ替わってたんですよね。

 何の話やねんコレ!!! 教員免許の更新講習で、無表情なうえにボソボソと小さい声でコレ言われて、誰が笑うねん!!

 といった感じで、ほとんど学ぶことのない更新講習だったのを覚えている。もちろん、数は少ないが、学んだこともある。私は世界史が専門なので、歴史関係の講習も受けた。講習の担当者は、某難関私立大学の名誉教授であった。その講習の中で、干支に関する話があった。ご存知の方も多いだろうが、「干支」とは「十干」と「十二支」の組み合わせである。念のため、下に記しておこう。

【 十干 】 甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸
【 十二支 】 子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥

 私は、この名誉教授の講義を聞いて、愕然とした。名誉教授は、十干と十二支の話に関連して、こんなことを平然と言ったのだ。

 十干と十二支を、生徒に覚えさせておいてください。たとえば、辛亥革命が1911年に起こったというのは、誰でも知ってますよね。十干と十二支を覚えておけば、辛亥革命の知識と合わせて、干支の名称を使ったさまざまな歴史事項が何年に起こったかを割り出すことができます。

 どこからツッコんだらいいんだろう・・・? 少なくとも、私の勤務校の生徒たちは、十干と十二支をすぐには暗記できない。特に、十干は厳しいだろう。正直、これを覚えさせるくらいなら、他のことを覚えさせた方が受験で役立つ気がする。

 そして、辛亥革命が1911年に起こったというのは、誰でも知ってますよね」という発言にも驚きだ。少なくとも、私の勤務校の生徒たちは、信じられないほど年号を覚えてくれない。私はしばしば、「年号を覚えまくる必要はないけど、歴史のターニングポイントになる年号くらいは覚えといてな」と生徒たちに言う。でも、覚えてくれない。ヘタしたら、受験直前でも「第二次世界大戦がいつ終わったか」を覚えていない生徒もけっこういるんじゃないだろうか。そういう状況だから、辛亥革命が1911年に起こったことを知っている生徒は激レアなのである。

 最終的に、私がこの歴史関係の講習で学んだのはコレだ。

 こういう現場を知らない連中が入試問題を作るから、難関私学の入試問題には、教科書や資料集にも載っていないような知識を平然と問うイカれた問題が多いんだなぁ・・・。

 ちなみに、上記の「十干と十二支を、生徒に覚えさせておいてください」や「辛亥革命が1911年に起こったというのは、誰でも知ってますよね」の話は、たまに授業で生徒たちに紹介して、そこそこウケている。そういう意味では、講習の内容が役立っているといえる。

 あ、もちろん、チンパンジーの話も、生徒らにバカウケでございますよ

                       < 完 >

↓ kindle unlimitedをご利用の方は、無料で読めます! ↓

超個人的 世界史雑談集: ある意味で珍しい話、集めました