いい夢みてる?

夢日記を公開したり、仕事のことを書いたり、思いつくまま気のむくまま

夢日記 ~ その百貨店どこや ~

 友人のSくんが、Kくんのために誕生日プレゼントを用意したいと言ってきた。私とSくんが共同でプレゼントを渡すようなことは今までなかったので、私はおもしろいと思って、その案に乗った。

 すると、Sくんがすぐさま「じゃあ、次の日曜に神功皇后百貨店に集合!」などと言い始めた。私は、その百貨店がどの都道府県のどの場所にあるのか知らなかったので、「ちょっと待って待って!」とSくんを制止した。そして、私はSくんから説明を聞いたが、残念ながら内容をまったく理解できなかった。それにもかかわらず、なぜか私は納得した。

 しかし、納得した直後に、仕事の関係もあって「コロナ禍が終わるまでは、人混みに行かないようにしよう」と考えていたことを思い出した。百貨店に行くべきか、健康を重視すべきか、悩みながら起床。

                       < 完 >

↓ kindle unlimitedをご利用の方は、無料で読めます! ↓

おもしろ夢日記Ⅱ: アラフォー男の15年の記録