いい夢みてる?

夢日記を公開したり、仕事のことを書いたり、思いつくまま気のむくまま

夢日記 ~ 追いつきたいよぅ ~

 仕事帰りに同僚のUくんと歩いていると、彼が唐突に「ちょっとすいません、失礼します」などと言いながら走り去っていった。彼が走り去った先を見ると、同僚のMさんが歩いていた。私はUくんがMさんといっしょに帰ろうとしているのだと思い、自分もまぜてもらいたくて、彼らを早足で追いかけた。

 私とUくん・Mさんの距離は数十mあったが、私が一生懸命に早足で歩いた結果、距離は10mほどに縮まった。ところが、いつの間にか私の目の前には10名ほどの女子大生の集団がおり、私の進路をふさぐように歩いていた。

 女子大生たちは各々おしゃべりに夢中になっており、後ろにいる私に気づいていないようであった。私は、その女子大生たちをなかなか追い抜くことができず、非常に焦った。結局、私は女子大生たちを追い抜くどころか、女子大生の集団に飲み込まれるような形となり、そのまま起床。

                       < 完 >

↓ kindle unlimitedをご利用の方は、無料で読めます! ↓

おもしろ夢日記Ⅱ: アラフォー男の15年の記録