いい夢みてる?

夢日記を公開したり、仕事のことを書いたり、思いつくまま気のむくまま

雑記 ~ 「公欠」の生徒と「欠席」の生徒 ~

 勤務校のことで、どうしても納得がいかないことがある。1か月ほど前から、私の勤務校では、以下のような取り組みを始めた。

新型コロナへの不安などが理由で登校を避けたい場合には、家でオンライン授業を受けてよい。その際の出欠の扱いは、「公欠」となる。

 というわけで、授業のようすを配信するためのiPadが各教室に設置された。そして、毎日、各学年に1人~2人ほどがオンライン授業を受けている。

 私が納得いかないのは、出欠の扱いのことだ。家にいる生徒が授業時間に「ログイン」しているかどうかは、教室のiPadを見ればわかる。普通に生徒がログインできていることが確認できれば何の問題もないのだが・・・ときどき、まったく授業時間にログインしていない生徒がいるのだ。確認したところ、その生徒は、他の先生の授業時間もログインしていないことがあるという。授業の担当者からすれば、ネット環境が悪くてログインしていないのか、サボっているのか、まったくわからない。最悪の解釈をすると・・・学校に「コロナへの不安から、今日はオンライン授業を受けます」と連絡だけしておいて、家で1日じゅう寝ているのかもしれない。でも、それで「公欠」になるのだ。どうも、しっくりこない。

 もっとしっくりこないのは・・・コロナ関連ではなく、普通に体調不良で学校を休んでいる生徒の扱いだ。たまに、「体調が悪いので学校は休むが、家での体調しだいでは、ログインしてオンライン授業を受ける」という生徒もいるのだ。そして、その生徒は「公欠」ではなく「欠席」の扱いになるのである。ものすごく、モヤモヤする。

 ややこしいので、整理しておこう。

コロナを理由に登校せず、授業時間にまったくログインしていない生徒 は「公欠」扱い
普通の体調不良で登校していないが、授業時間にログインしている生徒は「欠席」扱い

 教員が言うことではない気はするが・・・普通の体調不良で休む場合であっても、学校に「コロナの不安もあるので・・・」と電話を入れておけば「公欠」扱いにしてもらえるんじゃないのか!? 

 ちなみに、ある先生がこんなことを言っていた。

「授業中にログインはしてるけど、いくら呼びかけても、まったく返事が返ってこんのや。これで公欠やで!? おかしくないか!?」

 まったくもって、同感である。でも、現状はどうしようもない。もし勤務校に優秀なスタッフが何人かいれば、長時間ログインしていない生徒の家に電話でもして、逐一状況を確認してくれればすむ。残念ながら、私の勤務校には、そういう気合の入ったスタッフはいない。したがって、私のような講師は、ダマってイライラするしかないのだ。ストレスで、またハゲそうである。

                       < 完 >

↓ kindle unlimitedをご利用の方は、無料で読めます! ↓

超個人的 世界史雑談集: ある意味で珍しい話、集めました