いい夢みてる?

夢日記を公開したり、仕事のことを書いたり、思いつくまま気のむくまま

夢日記 ~ レア武器、ゲットだぜ ~

 アクションゲームをプレイしていた私は、いくつか並んでいたマンションの裏側に、自分が操作するキャラクターを向かわせた。そこは、ほとんど敵が出ないわりに、ちょっとしたレアアイテムがゴロゴロと手に入る場所であり、私はそこで次々とレアアイテムを取得していった。

 ところが、ひととおりレアアイテムを取得したくらいの段階で、私が操作するキャラクターは、その場所にいたいかにも弱そうなトカゲっぽい敵に瞬殺されてしまった。そのトカゲっぽい敵は、見た目に反して、とんでもない攻撃力をもっていたのである。

 私はコンティニューして、再びその場所でレアアイテムを手に入れていった。もちろん、先ほど瞬殺されたこともあり、トカゲっぽい敵と戦う際には細心の注意を払わねばならない。トカゲっぽい敵と戦うにあたって、じゅうぶんな距離のところから少しずつ近づき、防御力を上げる魔法なようなものもかけて、万全の状態で挑んだ。そして、私は巧みにコントローラーを操作して次々と技を繰り出し、何とかトカゲっぽい敵を倒すことができた。

 トカゲっぽい敵を倒した瞬間、名称も見た目もかなり強そうな2本の武器が手に入った。私は「激レアアイテムに違いない」と思い、2本の武器の情報を調べてみた。片方の武器は攻撃力が900ほどあり、今まで使っていた攻撃力100ほどの武器よりも相当に強かった。しかし、その武器を装備することによって、「パターナリズム」とよばれる謎のスキルが発動されて、他のすべてのスキルが失われるとのことであった。したがって、その武器は攻撃力が強いだけで、使い物にならない代物であった。

 もう片方の武器について調べようと思ったとき、いつの間にか、仲間のキャラクターが2名も増えていることに気づいた。どうやら、先ほどの敵を倒した際に、仲間に加わったらしい。その2名のキャラクターは、どちらもレベル90であった。他のキャラクターは全員がレベル60くらいだったので、レベル90のキャラクターは大きな戦力である。しかし、レベル90のキャラクターを使うとゲームが簡単になりすぎて、おもしろくない。レベル90のキャラクターの扱いをどうすべきか、悩みながら起床。

                       < 完 >

↓ kindle unlimitedをご利用の方は、無料で読めます! ↓

おもしろ夢日記Ⅱ: アラフォー男の15年の記録