いい夢みてる?

夢日記を公開したり、仕事のことを書いたり、思いつくまま気のむくまま

雑記 ~ iPhoneの朗読機能で快眠 ~

 別の記事にも書いたが、先日、職場で新型コロナ感染者がでた。GWを前にして職場は閉鎖されたので、GWが3日ほど伸びた形になった。本来ならば遊びに行きたいところだが、状況が状況なので、ひとり自宅で自粛中である。

 自宅にいる時間が長くなって、とても退屈だ。そんな中、私は、2年前に自分の中でブームだったことを思い出した。それは、iPhoneの朗読機能である。iPhoneの「設定」の「アクセシビリティ」にある「読み上げコンテンツ」で設定しておけば、画面上の文字を朗読してくれるという機能だ。当時、私は電子出版した『おもしろ夢日記』をiPhoneに朗読させて楽しんでいた。

 そして、私は、単に楽しんでいただけではなかった。朗読機能を子守歌のように利用していたのである。不思議なことに、朗読を聞きながら布団にもぐると、信じられない早さで眠りにつくことができたのだ。しかも、なぜか寝覚めが抜群! 数年前から、年齢的なモノなのか、短時間しか眠れないことが増えていたのだが・・・朗読を聞きながら寝たときは、短時間の眠りでも頭がスッキリしていた。

 職場が閉鎖された直後に、たまたま私は上記のことを思い出した。しかも、2日前から新作『おもしろ夢日記Ⅱ』が無料キャンペーン期間に入ったこともあり、私は自分のスマホで『おもしろ夢日記Ⅱ』を購入して、2年前と同様に朗読をさせてみた。さっそく、布団にもぐって朗読を聞いていたのだが・・・2年前と変わらず、よくも悪くもたどたどしい読み方・・・しかも、これも2年前と変わらず、よく読みまちがえてくれる。読み方も読みまちがいも、気になってしかたがない。にもかかわらず、聞き始めて数分で眠ってしまった

 そして、約4時間後に目が覚めた。相変わらず、寝覚めは抜群! 起きてから調べてみたら・・・『おもしろ夢日記Ⅱ』には300作が収録されているのだが、そのうち約10作しか聞いていなかった。単純計算で、30回くらい楽しめそうだ。

 なかなか眠れずに辛い思いをしている方は、手ごろな何かを朗読させながら、布団にもぐってみたらいかがだろうか? よい眠りは、生活の質を変える。休日によい眠りができれば、休日の過ごし方も変わってくるだろう。よい眠りを求めておられる方は、ダメもとでお試しいただきたい。

 ちなみに、昨日、上記と同様の方法で快適な昼寝を試みたところ・・・快適に寝すぎて1時間ほど余計に寝てしまい、見ようと思っていたテレビ番組を思いっきり見逃してしまった。快適な眠りを得た代償に、のんびりテレビを見るという「おうち時間」を失ってしまった! いや~、しっぱいしっぱい!!

                       < 完 >

↓ ↓ ↓ 5月4日くらいまで、無料キャンペーン期間中! ↓ ↓ ↓

おもしろ夢日記Ⅱ: アラフォー男の15年の記録

 

今週のお題「おうち時間2021」