いい夢みてる?

夢日記を公開したり、仕事のことを書いたり、思いつくまま気のむくまま

夢日記 ~ 詠唱のサポート ~

 私は、魔物を倒そうとしたり、魔導士のような人が魔法を詠唱するのをサポートしたりしようとしていた。しかし、私は自ら魔物を倒すこともできず、魔法の詠唱をサポートするだけの技術もなかった。

 その後、ある場所に行けば魔法の詠唱のサポートをさせてもらえるというようなことを聞き、指示された場所に行ってみた。だが、その場所に行っても、やはり私は魔法の詠唱をサポートすることはできなかった。

                       < 完 >

↓ ↓ ↓ 待望されていない新刊です! ↓ ↓ ↓

おもしろ夢日記Ⅱ: アラフォー男の15年の記録