いい夢みてる?

夢日記を公開したり、仕事のことを書いたり、思いつくまま気のむくまま

雑記 ~ 教員人生で、初めて「差別じゃないですか?」と言われた件 ~

 先日、中学1年生の授業に行った。私が教室に入ると、2名~3名の生徒がワラワラと近づいてきて、口々にこんなふうに叫び出したのだ。

   「何かおもしろい話して!!」

   「彼女おる?」

   「結婚してる?」

   「もしかして、離婚してるとか?」

 イラつきすぎて、発狂しそうになった。まだ、彼らとは会うのが2回めド厚かましいにも程がある。しかも、私が答える時間すら与えてくれず、連続で質問してきた挙句に離婚がなんとか言い出すなんて、信じられない。私が実際に離婚経験のある人間だったら、どんな気持ちになるのだろう。とにかく、私が古いタイプの問題教師なら、即座に手が出たにちがいない。

 また、気になったのは「タメ口」である。出会って2回めの中年教師に対してタメ口で話しかけるというのは、私には理解できない。だから、注意喚起をしておこうと思って、私は少し強い口調でクラス全体に言った。

「あのなぁ、ぼくは、生徒からタメ口で話しかけられたらイラっとするタイプの人間やねん! イラっとするから、タメ口で話しかけんの、やめてくれへんかなぁ?」

 すると、さっきタメ口で話しかけてきた生徒Aが言った。

「なんでイラっとするんですか?」

 こう質問されて、私は一瞬、ドキッとした。直感的に、適切な答え方をしないと強い反感を買うと感じたからだ。もし、「先生のほうが君たちより立場が『上』やろ!」とか「先生には敬意を払え!」とか答えてしまったら、どうなるだろうか? おそらく、モノわかりの悪い生徒は「先生のことを『上』だと思ってない」とか「先生を尊敬する気持ちはない」とか言うだろう。だから、私はこんなふうに言った。

「正しい話し方ができるように、学校で練習するんやんか。将来、敬語を使うべき場面で、敬語がじょうずに使えへんかったら困るやろ? 先生を通じて、ことばづかいの練習をするべきやと思うねん。だから、何も考えずに平然とタメ口で話してくる子を見たら、『この子は練習しようという気持ちがないんやな』と思って、イラっとするんや。」

 私は、それらしい答えをしたつもりでいたのだが・・・これに対して、生徒Aが言った次のことばに、私は唖然とした。生徒Aはこう言った。

「『敬語を使いなさい』っていうことは、先生が私たちのことを『下』に見てるっていうことだから、差別じゃないですか?」

 とにかく、びっくりした。十数年ほど教員をしていると、生徒と口論になったことは何度かある。でも、「差別している」と言われたことは一度もなかったので、衝撃だった。私は動揺した。動揺しすぎて、自分が差別的なことを言ってしまったのかどうかも、すぐに判断できなかった。でも、何か答えないといけない。とりあえず、差別はしていないということは言っておくべきだろう。私が口を開こうとしたそのとき・・・生徒Aの隣にいた生徒Bが、生徒Aに対してこう言った。

「先生が言ってるのは、そういうことちゃうやん! 先生の話、ちゃんと聞いてた?」

 クラスメイトに指摘されて、生徒Aはおとなしくなった。こうして、生徒Bの指摘のおかげで何となく丸くおさまって、無事に授業を始めることができた。

 授業が終わってから、改めて考えていたのだが・・・入学してきたばかりの中1の授業で、なぜ上記のようなことが起こったのだろうか。いろいろな原因が考えられるが・・・たぶん、他の先生方が、ことばづかいに関する指導を一切していないんじゃないだろうか。普通に考えたら、私だけにタメ口をきくわけはない。他の先生にも、タメ口を使っているはずだ。でも、先生方は、何も言わなかったんだろう。先生方、しっかりしてくれ! 生徒がダメになってしまうぞ!!

 そんなことを考えているうちに、もうひとつ、気になることがでてきた。ウワサで聞いた話だが・・・昨年度、ある若い先生が入学したての中1の授業で、「私のことをアダ名で呼んで!」と生徒に言ったらしいのだ。当然、生徒たちはその先生のことをアダ名で呼ぶようになり、その先生にタメ口で話すようになった。なんと、その先生が、本年度も中1を担当しているのである。もしかしたら、生徒たちが馴れ馴れしくタメ口で話しかけてきたのは、その先生が原因かもしれない。

 私は20代のころ、当時勤務していた学校の教頭から、こんなことを言われたことがある。

「生徒が若い先生方にタメ口で話している場面を見ますが。私は、そんなふうに生徒と友だちみたいになっている先生を見ると、『生徒との適切な上下関係が築けてないな』と思います。正直、そんな先生を雇い続けようとは思いません。そんな先生は、この学校には必要ありません。」

 上記のエピソード、生徒に話してやりたい気持ちでいっぱいだ。「君たちが先生にタメ口で話せば話すほど、周りで見てる先生方は『あの先生は無能』って評価するかもしれへんで」と教えてやりたくてしかたがない。でも・・・そんなことを言ったら、まちがいなく別のトラブルが生じるだろう。言いたくても、言えない。残念である。

 それにしても・・・なんで非常勤講師の私が、新年度早々にこんなことで悩まなアカンのだ!? 何かがおかしいぞ!!!

                       < 完 >

↓ ↓ ↓ kindle unlimitedをご利用の方、よろしければどうぞ!

超個人的 世界史雑談集: ある意味で珍しい話、集めました