いい夢みてる?

夢日記を公開したり、仕事のことを書いたり、思いつくまま気のむくまま

夢日記 ~ 運転どうすんの ~

 父・妹・私の3人で、こぢんまりした鶏料理専門店に行き、鶏の丼物などを食べていた。私が注文した丼には、手のひらサイズのパックに入ったソースが添付されており、私はそのパックを破ってソースを丼にかけた。しかし、ソースを丼にかける際に、指にソースがついてしまった。私は、「ソースのパックにそもそも欠陥があるので、どうパックを破っても指にソースがついてしまう」と感じた。そして、絶対にソースが指についてしまうこの状況を、パックを改良することによって何とかできるのではないか・・・と私は強く思った。

 しばらくして、我々は丼を食べ終えた。ところが、私が店を出ようとしたとき、父がメニューを手に取ってアルコール飲料を注文しようとしたので、私は店から出られなくなった。私は、店員が近くにきたらそのアルコール飲料を注文しようと思って待っていた。しかし、待っているうちに、「父がアルコールを飲んでしまったら、私も妹も父もアルコールを口にしたことになってしまうから、帰りの車を運転する人がいないのではないか」と気づいた。私は、父が車を運転すると思っていたので、父がどういう気持ちでいるのか非常に気になった。そのとき、店員が「お客さん、帰りの運転はどうするんですか?」と聞いてきた。父は「○○(駅名)で乗り換えですわ」と答えた。

 どうやら、父は車を置きっぱなしにして、電車で自宅に帰るつもりらしい。電車で帰るとなると2時間~3時間ほどかかるのに、私はその時点でかなり疲れが出ていた。帰りのことを考えて、気が滅入りながら起床。

                     < 完 >

↓ ↓ ↓ 待望されていない新刊です! ↓ ↓ ↓

おもしろ夢日記Ⅱ: アラフォー男の15年の記録