いい夢みてる?

夢日記を公開したり、仕事のことを書いたり、思いつくまま気のむくまま

雑記 ~ ウソやろ!? 衝撃の時間割(その1) ~

 本年度も、私は講師として2校に勤務する。昨日、そのうちの片方の学校に出勤したのだが・・・時間割が衝撃的すぎて、ことばを失った。

 なんと、土曜に1コマだけ授業が入れられていたのである。良識ある学校であれば、講師に土曜授業をできるだけさせないように配慮する。だが、私は「土曜に授業を入れてもらってもいいですよ」と学校側に伝えていたので、土曜に授業を入れられたのである。なので、土曜に授業が入るのは覚悟していた。でも・・・土曜に1コマだけというのは、普通ありえない

 だが・・・そんなことはどうでもよくなるくらいの問題点が別にあった。なんと、土曜は隔週で授業が実施されるのである。つまり・・・その土曜授業があるクラスだけ、2週間に1回、確実に授業が飛ぶのだ! これで、どうやって他のクラスと進度を合わせてテストを実施しろというのか。

 ちなみに、時間割を作成した教務部長は「すみません・・・なんとかしようと思ったけど、どうにもできなくて・・・」と言っていた。私は気が狂いそうになって、他校の知り合いの先生にLINEでグチを言った。すると、その先生から、こんな感じの返信があった。

「『どうにもできなくて』じゃなくて、それをどうにかするのが教務の仕事!」

 まったく同感である。そして、この件に関係することで、私は引っかかっていることがある。2週間ほど前に、教務部の先生がこんなことを言っていたのだ。

「T先生(教務部長)は、ほんとにスゴい人なんですよ! 全部、ひとりでやっちゃうんです! 教務部の他の先生方が知らないところで、全部ひとりでやっちゃうんです! 本当にスゴいんですよ!!」

 まさかと思うが・・・時間割も、教務部長がひとりで組んでるんじゃないか・・・!? 実際、ある講師の先生が「先日、T先生が大きなテーブルに山ほど紙を散らかして、ひとりで時間割を組んでいるのを見た」と言ってたぞ!?

 さて、どうしたものだろうか。妙案求ム!!!

                       < 完 >

↓ ↓ ↓ kindle unlimitedをご利用の方、よろしければどうぞ!

超個人的 世界史雑談集: ある意味で珍しい話、集めました