いい夢みてる?

夢日記を公開したり、仕事のことを書いたり、思いつくまま気のむくまま

雑記 ~ テスト期間事件簿02 "足あと事件" ~

 今回のテスト期間中に起こった事件の第2弾である。

 現在、私は2校で講師をしている。その片方の学校には、非常に鬱陶しいシステムがある。それは、「自由に輪転機印刷機)が使えない」というものだ。聞いたところでは、「先生方が輪転機を使うとすぐ壊す」とか何とかいうワケのわからない理由で、輪転機を使わせてもらえないのである。

 では、どうやって授業プリントやテストを印刷するのかというと・・・「印刷願」という書類に必要事項を記入して、事務員さんに印刷を依頼するのである。今回も、私は作成したテストを事務員さんに渡して、印刷してもらった。それを受け取り、クラス別に袋詰めしようとしていたら・・・私はたまたま気づいてしまった。なんと、問題用紙の中に、1枚だけ「足あと」がついていたのだ。問題用紙のド真ん中に、おもいっきり踏みつけたようなハッキリとした靴の跡がついているさまは、なかなかの衝撃だった。

 いったい、何をどうやったら、こういうことになるのか。より不可解なのは、印刷してくれた事務員さんは、絶対にそうバカなことをしないタイプの人だということ。となると・・・もともと紙に「足あと」がついていたのか? となると、余計に不可解だ。

 それにしても、事前に気づいてよかった。もし気づかずに、そのまま生徒の手もとに渡っていたら大惨事だ。ヘタしたら、私が踏んだと疑われていたかもしれない。

 そういえば、いま思い出したが・・・何年か前に、当時いらっしゃった頼りない事務員さんから、こんな電話をもらったのは衝撃だった。

先生のテスト問題が、どういうわけか、他の先生の授業プリントの裏面に印刷されてしまっていて・・・その先生が、気づかずに授業でプリントを生徒に配布してしまったんです。いちおう、テスト問題が漏洩したことになるので、問題を作り直してもらえますか?」

 まぁ、これに比べれば、「足あと」ごときは何でもないか・・・。まぁ、そういうことにしとこ・・・。

                       < 完 >

↓ ↓ ↓ kindle unlimitedをご利用の方、よろしければどうぞ!

超個人的 世界史雑談集: ある意味で珍しい話、集めました