いい夢みてる?

夢日記を公開したり、仕事のことを書いたり、思いつくまま気のむくまま

雑記 ~ 辞書引け、辞書!! ~

 何気なく、テキトーにいろんなサイトを見ていたら、「『重用』は『じゅうよう』ではない」という見出しの記事を見つけた。そして、記事には、正しい読み方が「ちょうよう」であると書かれていた。

 私は驚いた。たまに、授業で使うプリントに「重用」という語を使っているのだが、私はいつも「じゅうよう」と読んでいるからだ。正直、「ちょうよう」という読み方も知っていたが、私はどっちの読み方でもいいと思っていた。そのため、記事を読んだ私は「えっ!? ちがうの!? 今まで、まちがった読み方を平然と授業で言ってきたのか!?」と、少なからず動揺した。

 動揺した私は、「Yahoo!」で「重用 じゅうよう」と入力して検索してみた、すると、上記と同様の見出しの記事が出るわ出るわ・・・。ある記事には「社会人として読めないと恥ずかしい」としてあったり、またある記事には「まさか『じゅうよう』なんて読んでないよね?」と書いてあったり・・・とにかく、私は愕然とした。

 しかし、さらにネットで調べていると・・・NHK 放送文化研究所」のサイトに「原則として『ジューヨー』と読み、場合により『チョーヨー』と読んでもよいことにしています」と書いてあるじゃないか!! この感じだと、「じゅうよう」が正しそうだが・・・どうなってるんだ!?

 こうなってくると、広辞苑の出番である。久しぶりに広辞苑を引っ張り出して調べてみると・・・「じゅうよう」で引いたら、普通に説明が載っていた。一方、「ちょうよう」で引いたら、「→ じゅうよう」とだけ書いてある。つまり、「『じゅうよう』の箇所を見よ」ということだ。

 ほら、やっぱり私が思っていたとおり、どっちでもいいんじゃないか! っていうか、広辞苑の書き方を見るかぎり、「じゅうよう」のほうが妥当なんじゃないのか? だとしたら・・・上記の「ちょうよう」の読みが正しいと書いている記事の数々は、いったい何なんだろう?

 とりあえず、記事を書いているたくさんの方々、すぐに辞書を引いてくれ! で、さっさと記事を消すなり、訂正を入れるなり、適切に対処してくれ! 普通に迷惑だ!!

 ちなみに、ごく一部のサイトには「本来の読み方は『じゅうよう』ですが、口頭で言う場合には誤解が生じる可能性があるので『ちょうよう』がよいかもしれません」というような記述がみられた。まったくもって、そのとおりだと思った。まちがった記述をしているサイトがアホみたいに多かったぶん、こういう妥当な記述をしているサイトの作成者が敬意を表したいほど立派に感じられた。

                       < 完 >

↓ ↓ ↓ kindle unlimitedをご利用の方、よろしければどうぞ!

超個人的 世界史雑談集: ある意味で珍しい話、集めました