いい夢みてる?

夢日記を公開したり、仕事のことを書いたり、思いつくまま気のむくまま

雑記 ~ 部長、たぶん見ないっすよ? ~

 勤務校から、われわれ非常勤講師への連絡メールが届いた。見てみると、教務部長の名で「先日おこなった研修の動画です。必ずご覧ください」という感じのことが書かれていた。さっそく貼られていたURLをクリックしてみると、専任の先生方が先日おこなった職員研修のようすを撮影した動画がアップされていた。

 内容は、「学習指導要領が変わるので、成績評価の方法も変わる」というものだ。この点について、外部講師の先生がリモートで説明してくださっており、その動画がアップされていたのである。「必ずご覧ください」と書いてあるし、重要なことだと思ったので、とりあえず見ようと思ったが・・・ガッツリ1時間半もあるじゃないか。長い。

 まぁ、私は一人暮らしだし、パソコンを使うことには抵抗がない。だから、「ダルい・・・一種の時間外労働だ・・・手当てをよこせ・・・」とイライラしながらも、動画をすべて見た。でも、育児中の講師や、パソコンに不慣れでほとんど使わない60代の講師は、この動画を見ているとは思えない。動画はスマホでも見れるのだが、動画内のスライド(約70枚)の大部分が小さい文字でびっしり書かれたものなので、スマホではまともに読めない。となると、余計に見る気がしないだろう。

 私は自分が非常勤講師の立場なので、非常勤講師の気持ちが手にとるようにわかる。だが、おそらく教務部長は、非常勤講師の気持ちをわかっていない。普段から「わかってない感」を爆発させてる人なので、今回もわかっていないだろう。

 ちなみに、研修の最終的な結論は、「新しい学習指導要領の内容を理解したうえで、各学校がそれぞれに基準を設けて、それに照らし合わせて評価していく」という感じだった。で、肝心の「うちの学校の基準」については、これから決めていくらしい。あれ・・・? ということは・・・基準を決めてから、非常勤講師に連絡すべきじゃないのか!? たぶん、基準が決まってから、もう1回、同じような研修するよなぁ!? だったら、今回は、別に研修動画を見なくてもいいんじゃないか!? 「必ずご覧ください」とする必要はない気もするが・・・。

 もちろん、すべて動画を見たことによって、得られたものもあった。「学校がどういう基準を設けようが、どのみちクッソめんどくさい評価方法になる」ことは理解できたので、心の準備ができた。まちがいなく、仕事はより長時間になり、ハードになる。「逆働き方改革」になるにちがいない。

 ちなみに・・・うちの学校、専任の先生の連携が、まるでとれていない。とにかく、個々の先生が好きなようにやっていて、チームワークが非常に悪い。しかも、約1/3の先生が20代。加えて、40代以上の先生で「仕事ができる人」や「熱心に勤務する人」がほぼゼロ。きっと、新しく定める基準も、意味不明なモノになるに違いない。来年度、発狂する準備は万端だ。

 そういえば・・・何年か前に教務規定が改定されたときも、評価に関することで「記述漏れ」があったなぁ・・・。非常勤講師である私が最初に気づいて、教務部長に報告しに行った覚えがある。普通に点検したら気づくような「記述漏れ」だったから、きっと教務部の先生も管理職も、本気の点検をしなかったんだろうな。たぶん、今回も、まともに点検しないだろう。イヤな予感しかしない。

 あぁ、また不毛なことを長々と書いてしまった。私は今、こんなことをしてる場合じゃないんだ! 学年末考査を7種類も作らにゃならんのに、まだ3種類しかできてないんだ! さて・・・仕事するか・・・。朝から1時間半も研修動画を見たせいで、もう目がショボショボしてるけど。

                       < 完 >

↓ ↓ ↓ kindle unlimitedをご利用の方、よろしければどうぞ!

超個人的 世界史雑談集: ある意味で珍しい話、集めました