いい夢みてる?

夢日記を公開したり、仕事のことを書いたり、思いつくまま気のむくまま

雑記 ~ 若気の至りで上司に反抗 ~

 デンマークの哲学者で、キルケゴールキェルケゴール)という人物がいる。世界史や倫理の教科書に載っているレベルの人だから、ご存知の方も多いだろう。数年前、ある学校の授業で彼の著作『あれかこれか』について話したとき、私は生徒たちにこんな話をした。

「 以前、ある学校に採用されてまもなく、新任教員への研修があったんよ。で、そのときに研修を担当してた副校長先生が『教員の仕事は多いから、何でもかんでもやろうとすると、いつまでも退勤できなくなります。”あれもこれも”じゃなくて”あれかこれか”と仕事を厳選して、早く退勤できるようにしてください』っておっしゃったんやわ。で、それを聞いてイラっとしてね。なんでかというと、ぼくの大学時代の恩師の教えが『”あれかこれか”じゃなくて、”あれもこれも”の姿勢が大切です。”あれかこれか”だと、視野が狭くなってしまいます』だったんやわ。だから、ぼくは副校長先生に『恩師の教えは”あれもこれも”なので、”あれかこれか”の姿勢でと言われても困ります』って反抗したら、場の空気が凍ってね・・・副校長先生も動揺しながら、『あ・・・そう・・・』みたいな感じになってはったわ。あのときは、自分も若くて、未熟やったな。今なら、場の空気が凍ることくらいわかるから、その場で言ったりせぇへんけど。 」

 生徒たちは、この話を聞いて笑っていた。今だから、告白しよう。上記の話、キミたちの学校での話だったんだよ! 副校長はもう退職していたから、たぶんバレることはないだろうと思って、授業で言ったのだ。なんと倫理観に欠けた倫理担当教員だろう。私には、倫理の授業は向いていない気がする。

 専門分野は世界史だから、やっぱり世界史の授業を担当したいな。でも・・・数年前に実施された授業アンケートで、自由記述の欄に「歴史上の人物に対する敬意が足りない」って書いてた子がいたな・・・こりゃ、世界史も向いてないのか!? でも・・・たしか、校長が「先生の授業アンケートが、全教員の中で最高の評価でした」って言ってたぞ!? 先生方、がんばってくれ!! 「向いてない人間」に負けちゃダメだ!! 

                       < 完 >

↓ ↓ ↓ kindle unlimitedをご利用の方、よろしければどうぞ!

超個人的 世界史雑談集: ある意味で珍しい話、集めました

 

今週のお題「告白します」