いい夢みてる?

夢日記を公開したり、仕事のことを書いたり、思いつくまま気のむくまま

夢日記 ~ 印が結べない理由 ~

 戦いの最中、敵の将軍がレーザービームのようなものを放ってきた。その攻撃に対して、私は「九字の印」を結んで対抗しようとした。しかし、私は印を結ぶことができず、苦戦を強いられた。

 戦いが終わったあと、私は、なぜ印が結べなかったのかを検証してみた。改めて、落ち着いて印を結ぼうとしたが、やはりうまく結べない。そこで、自分の手をよく観察してみると、小指がいつもより太くなっていた。しかも、左手の小指と薬指がピッタリとくっついて、まったく離れなくなっていた。

 「小指と薬指の間の隙間がなくなっていることで印が結べない」ということに気づいた私は、小指と薬指をなんとかして離そうとした。あれこれ試してみた結果、小指と薬指の間にムリヤリ右手の指をねじ込むことによって、なんとか隙間を作ることができた。そして、最終的に、指はほぼ元に戻った。

 ここで、改めて左手をよく見てみると、中指の第一関節より先が、少し左に曲がっていた。どうやら、これも印が結べなかった原因のひとつなのかもしれない。しかし、これに関してはどう直してよいかわからず、私は困り果てた。

                        < 完 >

↓ ↓ ↓ kindle unlimitedをご利用の方、よろしければどうぞ!

おもしろ夢日記: アラフォー男の15年の記録