いい夢みてる?

夢日記を公開したり、仕事のことを書いたり、思いつくまま気のむくまま

夢日記 ~ 「できごころ」のせいで ~

 私は、友人の田中くんや吉崎くん(ともに仮名)とともに、私の家族の目を盗んで逃走した。執拗に追いかけてくる家族から逃げに逃げて、ついに家族を巻くことに成功した。

 喜びが爆発した我々は、ホテルの食堂のようなところで夕食をとろうとして、完全に気を抜いていた。すると、田中くんのケータイに、電話がかかってきた。電話の相手は、私の母であった。なぜか、母の顔は、完全に同僚のKさんの顔であった。母はこう叫んだ。

「田中! 何でアンタの『できごころ』が私のところに入ってんの!!」 

 我々は、愕然とした。少し前に田中くんが町のイルミネーションで「DEKIGOKORO」という文字を作って遊んでいたのだが、偶然にも、そのようすが母のスマホのカメラで撮影されていたのである。そして、そのイルミネーションの写真によって、我々のいる町がバレてしまったのだ。

 我々はことばを失い、今いる食堂のようなところから離れて別の町に移動すべく、腰を上げようとした。その瞬間、家族がバタバタと乱入してきた。こうして、我々の逃走劇は幕を下ろした。

                        < 完 >

↓ ↓ ↓ kindle unlimitedをご利用の方、よろしければどうぞ!

おもしろ夢日記: アラフォー男の15年の記録