いい夢みてる?

夢日記を公開したり、仕事のことを書いたり、思いつくまま気のむくまま

夢日記 ~ 下品ですみません ~

 あるクラスの授業中、授業が残り5分ほどになった段階で、話すことがなくなった。私は授業をやめることにして、チャイムが鳴るまでテキトーに時間をつぶそうとした。

 そのとき、私は、自分のズボンがパンツごとずり落ちていることに気づいた。そして、チ〇コの先は、カッターシャツの裾の部分でかろうじて隠れているかどうかという、ギリギリの状態であった。私は、すぐにズボンを上げて隠そうとしたが、なぜかズボンがじょうずに上げられず、なかなかチ〇コの先が隠せない。生徒が見ているかもしれない中、私は教卓の付近で必死になってモゾモゾして、なんとかチ〇コを隠そうと試みた。

                        < 完 >

↓ ↓ ↓ kindle unlimitedをご利用の方、よろしければどうぞ!

おもしろ夢日記: アラフォー男の15年の記録