いい夢みてる?

夢日記を公開したり、仕事のことを書いたり、思いつくまま気のむくまま

雑記 ~ トイレのドア、開け放つバカは誰だ ~

 下品な話で申しわけないが、今日、勤務校の男子トイレで「個室」のほうにこもって用を足していた。すると、トイレのドアが開く音がして、誰かが入ってきた。その人は用を足して、出て行った。が、出て行ったとき、ドアが閉まる音はしなかった。私は「個室」の扉の隙間から、外を覗いてみた。予想どおり、トイレの入口のドアは全開だった。

 こういうことになっては困るから、私は上記の人がトイレで用を足している間に何度も咳ばらいをして、「個室」に私がいることをアピールしていたのに・・・。小便器が1つ、大便器が1つしかない非常に狭いトイレなので、私の咳ばらいは、きっと聞こえていたはずだ。なのに、ドアを全開で去っていく無神経さ。

 そして、何が困るかというと、男子トイレの場所だ。男子トイレの場所は、職員室の目の前。職員室の入口のほぼ正面に、男子トイレのドアがあるのだ。当然、先生も生徒も、わらわらとその近辺を歩いている。上記のように狭いトイレなので、開け放たれた入口から覗き込めば、私がいる「個室」は丸見えだ。汚い話だが、ドアを開けっぱなしにされると、「個室」で用を足している音も外に漏れるし、トイレットペーパーをカラカラと引っ張り出している音も外に漏れる

 私は音を立てないよう、慎重に動いて、「個室」の扉の隙間から外のようすをうかがった。先生か生徒かは不明だが、何人かがトイレの近辺にいる気配がした。息を殺したまま2~3分ほど待って、ようやく人の気配がなくなったので、私はすばやく「個室」から出た。トイレから出る前に手を洗おうとしたら・・・水が出しっぱなしだった。ドアは開けっぱなし、水は出しっぱなし・・・何と無神経なのだろうか。教員をやるまえに、人間としてやり直せ!! 心から、そう思った。

 ちなみに、勤務校のトイレで「個室」に入っているときにドアを開けっぱなしにされるという経験を、私はこの2年間で3回くらい経験している。また、おそろしいことに、1日に3回から5回くらいのペースで男子トイレのドアが開けっぱなしになっているのを見つけるので、私がその都度、閉めている。上述のように、先生も生徒もわらわらと通る場所なのだ。しかも、トイレの目の前には、生徒らが自習するための机が並んでいる。そんなところに、トイレの空気をまき散らすなんて、イカレている。

 そして、本当に不思議なのだが・・・それだけの頻度でトイレのドアが開けっぱなしになっているようすを目にしているのに、「犯人」の姿は一度も見たことがないのだ。これはこれで、気持ちが悪い。

 だが、私には、かなり「犯人」が絞れている。着眼点は、2つである。1つめは・・・このようなことが頻繁に起こるようになったのは、2年前からだということ。だから、その2年前に入ってきた先生が「犯人」である可能性が極めて高い。そして、2つめは・・・私は毎日7時半に出勤して、出勤後すぐにトイレに行く。その時点で、それなりの確率で、ドアが開けっぱなしになっているのだ。つまり、7時半の時点で出勤している者が「犯人」である可能性が極めて高い。

 以上の2つの着眼点にもとづいて考察すると、「犯人」は2人に絞られる。その2人とは・・・副校長と教頭だ。何とも、残念な話である。また、副校長も教頭も「困った人」なので、どちらが「犯人」なのかを確定できない・・・という点も残念だ。そういう人たちがリーダー格の学校だからか、急激に、いろんな意味で残念な学校になってきている。そして、この3月で、まっとうな感覚をもっている何人かの先生が、「学校に愛想が尽きた」という理由で辞める。残念だ。果たして、私はあと何年もつのだろう・・・。気のいい生徒が多いから授業がまぁまぁ楽しいということだけが、唯一の救いである。

                        < 完 >

↓ ↓ ↓ kindle unlimitedをご利用の方、よろしければどうぞ!

超個人的 世界史雑談集: ある意味で珍しい話、集めました