いい夢みてる?

夢日記を公開したり、仕事のことを書いたり、思いつくまま気のむくまま

夢日記 ~ ありがたいお誘い ~

 同僚のYさん(60代・男性)が「よかったら、ウチに来えへんか?」と誘ってきた。我々は飲み会をしようと以前に約束していたのだが、どうやら、その飲み会をYさんの自宅でしようということらしい。

 Yさんの母方の実家は大富豪だそうで、Yさんが母方の実家に住んでいるということを私は知っていた。そのため、Yさんの自宅で飲み会をすれば、とんでもなく豪華な料理を出していただけると推測された。そんなことを考えて、私はYさんからのお誘いを非常に喜んだが、唐突に現れた職場の事務長が「いやいや、そんなのけっこうです! 私が店をおさえますから!」などと言い始めた。私は黙って事務長の話を聞いていたが、心の中は不満と怒りで煮えくりかえっていた。

                             < 完 >

↓ ↓ ↓ kindle unlimitedをご利用の方、よろしければどうぞ!

おもしろ夢日記: アラフォー男の15年の記録