いい夢みてる?

夢日記を公開したり、仕事のことを書いたり、思いつくまま気のむくまま

夢日記 ~ リュックで滑走 ~

 「リュックを背負ったまま、仰向けに寝っ転がって道路を滑走する」という技術を身につけた。リュックに体をあずけた状態でスピーディーに滑走する形なので、足を動かさなくても進めることから体力の消耗も少ないため、私はその技術を使って駅に向かった。

 しかし、駅に着いたころには、リュックの穴という穴、ポケットというポケットに、落ち葉や路上に落ちていたゴミ・ビニール袋・ペットボトルなどがパンパンに入っていた。改札の近くで、それらをひとつずつ処理していったが、まったく取り出しきれない。

 結局、そのまま電車に乗り、N駅で下車したのち、駅のホームでリュックに詰まったモノを処理し続けながら起床。

                        < 完 >

↓ ↓ ↓ kindle unlimitedをご利用の方、よろしければどうぞ!

おもしろ夢日記: アラフォー男の15年の記録