いい夢みてる?

夢日記を公開したり、仕事のことを書いたり、思いつくまま気のむくまま

雑記 ~ クリーニング店はどこだ!? ~

 先日、私の家から徒歩3分のところにあったクリーニング店が閉店した。10年以上にわたって利用し続けてきた店だったので、非常に残念な気持ちだ。その店は、仕事も早かったし、料金も安かった。なのに、なくなってしまったのだ。

 もしかしたら、これも新型コロナの影響なのかもしれない。在宅ワークがすすんだ結果、スーツなどを着用する人の数は減ったと思われる。冠婚葬祭に参列する機会も減っただろうから、礼服などを着用する機会も減っているはずだ。そう考えれば、クリーニング店を利用する人の数も、普通に考えたら減ったに違いない。

 さて、一昨日、私はスーツをクリーニングに出そうと思ったのだが、上記の店は閉店してしまっていた。だから、10年以上ぶりに、近所にある別のクリーニング店へ行ってみることにした。その店は、昔、何度か利用したことがあった。でも、金欠の私には少し料金が高いと思われたので、いつしか利用しなくなったのだ。10年以上の年月が経っているし、利用しなくなった理由も「料金が高い」というものだったので、店に行くのが少し気まずかった。まぁ、店員さんは私のことなど覚えていないだろうが、私は店に行くのに少し緊張した。

 ところが、行ってみて驚いた。なんと、その店も閉店していたのだ。少し前までは、営業していたはずなのに。やはり、コロナ関連なのだろうか。困った私は、スマホでクリーニング店がある場所を検索してみた。すると、今いる場所から自転車で数分のところに、クリーニング店があるらしいことがわかった。さっそく、私はそこに向かった。

 またしても、行ってみて驚いた。クリーニング店の目の前で、それなりの規模の道路工事がおこなわれていたのだ。そのため、店の正面に自転車を停めることができない。どこに自転車を停めようかと思って、私は右往左往した。そして、右往左往しながらガラス窓から店内のようすを見て、私は思った。

 「あれ? なんか暗いな・・・?」

 おそるおそる店の正面にまわってみると、ドアに「定休日」の文字が見えた。ダメだ。別の場所を探さねばならない。改めてスマホで調べてみると、そこから自転車で5分くらいの場所に2件、クリーニング店があるようだった。私は、そこに向かった。

 ところが、地図で示された場所をいくら探しても、クリーニング店は見つからない。まさかと思うが、2件とも閉店してしまったのだろうか。しかたなく、私は少し足をのばして、大型ショッピングモールの中にあるクリーニング店に行くことにした。

 こうして、私はようやく、クリーニング店にたどり着いた。しかし、小さなトラブルが発生した。会員登録をする際に、店員さんの小さすぎる声がショッピングモールに流れている音楽にかき消されて、ほとんど聞き取れなかったのだ。私は、イヤだなぁと思いながら、カウンターに設置されている飛沫防止用ビニールにギリギリまで顔を近づけた。そして、背の低い店員さんに少しでも耳を近づけようと、中腰になって、かなり不自然な体勢で店員さんの声を聞き取ろうとした。そのおかげで、かろうじて店員さんの声は聞き取れたが・・・店員さんよ、できれば私のようすを見て空気を読んで、少しは大きな声を出す努力をしてくれ!

 というわけで、苦労しながら会員登録をして、ようやくスーツを預けることができた。これだけ苦労したのに、仕上がりまでにかかる日数も、料金も、今まで利用していた店の2倍であった。今後、しばらくはこの店に行くことになるのだろうか・・・。非正規雇用で、年がら年じゅう金欠の私には、ちょっと苦しいぞ。あぁ・・・また高価な育毛剤を買うという夢が遠のいた。

                        < 完 >

↓ ↓ ↓ kindle unlimitedをご利用の方、よろしければどうぞ!.

超個人的 世界史雑談集: ある意味で珍しい話、集めました