いい夢みてる?

夢日記を公開したり、仕事のことを書いたり、思いつくまま気のむくまま

雑記 ~ 「集団ひとり忘年会」の企画 ~

 先日、同僚が唐突に「今度、ひとりで忘年会してくる」と言い出した。例年であれば、職場の忘年会をしている時期だ。でも、コロナ禍ということもあり、「みんなで忘年会をしよう!」なんて言ったら、周りから白い目で見られるだろう。そういうわけで、職場の忘年会はナシに。職場での日ごろの不満をブチまける、貴重なストレス発散の場が失われてしまった。だから、しかたなく、ひとりで忘年会をしてくるということなのだろう・・・そう思っていた。

 数日後、職場の仲よしメンバーのLINEグループに、上記の同僚が「12月16日の18時から、T店で、ひとり忘年会します」というような感じのメッセージを流した。すると、別の同僚が、こんな感じの返信をしたのだ。

 「私も、同じ日に、T店に行く予定!」

 そうか。そういうことか。「ひとり忘年会」をする人が、同じ日時に、同じ店に行き、偶然を装って合流して、いつも通りの楽しい忘年会をしようということか! 何という妙案、いや、悪知恵!!

 その流れで、私も「ひとり忘年会しないの?」というように誘われた。でも、私は「いろいろ思うところがあって、悩み中です」と返信した。いちおう、私は倫理を担当したりもしている教員だ。世間がこのような状況なので、自粛すべきではないかという思いがあったのだ。

 2~3日して、私はやっぱり行くのはやめようと思い、LINEでお断りを入れようとした。しかし、LINEを開くと、忘年会に行くと言っていたメンバーのひとりが「やっぱり、行くのはやめる」と書き込んでいたのだ。なんと、その人の子どもが通っている保育園で、新型コロナの感染者が出たのだという。そのせいで、急に危機感が増したらしい。

 で、結局、他のメンバーも「今回はやめておこう」という雰囲気になって、「集団ひとり忘年会」の企画はボツになった。期待薄だが、年明けに感染者が激減してたらいいのになぁ。そしたら、「集団ひとり新年会」ができるのに・・・。

                             < 完 >

↓ ↓ ↓ kindle unlimitedをご利用の方、よろしければどうぞ!

 

超個人的 世界史雑談集: ある意味で珍しい話、集めました