いい夢みてる?

夢日記を公開したり、仕事のことを書いたり、思いつくまま気のむくまま

夢日記 ~ 「ポンタ」の綴り ~

 授業中、私は「ポンタ」とよばれる決済サービスのようなものを生徒に紹介しようとしていた。私は黒板の隅に“ponta”と書いたが、よく考えてみると、それは誤った綴りであると気づいた。私は綴りを書き直したが、やはり、また綴りをまちがえた。

 私が2度も綴りをまちがえたせいか、ひとりの生徒が「もう! 先生のせいで!」と小さく声を発した。おそらく、その生徒は板書の内容をプリントに写す際に色ペンで書いていて、何度も書き直したせいでプリントが汚くなってしまったのだろう。

 私は今度こそ正しく板書しようと、綴りを見ながら書くことにした。しかし、「ポンタ」の綴りは、「すみっコぐらし」のスマホゲームを起動した状態でなければ、スマホに表示されないシステムであった。私は、授業中にスマホのゲームを起動してよいのかという罪悪感にさいなまれつつゲームを起動し、スマホを見ながら黒板に綴りを書いた。「ポンタ」の正しい綴りは、“tpontaz”というような綴りであり、何とも不可解な気持ちになりながら起床。

                        < 完 >

おもしろ夢日記: アラフォー男の15年の記録