いい夢みてる?

夢日記を公開したり、仕事のことを書いたり、思いつくまま気のむくまま

夢日記 ~ オッサンやで ~

 知らない町で、私は電話をかけようとして、スマホをいじり始めた。そのとき、目の前にいた自転車に乗ったヤンキーの高校生っぽい女の子が、こちらをじっと見てきた。

 どうしたのかと思っていると、その女の子は、私に「オッサン?」と声かけてきた。私が「どうしたん?」と返すと、その女の子は再び「オッサン?」と聞いてきた。私が「じゃあ、何に見える? オッサンや」というように答えると、女の子は「オッサン、このままいったら、すぐ倒れるで?」と言った。私はオドオドしながら、指摘してくれた女の子に「ありがとう」とお礼を言った。

 その後、女の子は自転車で走り去っていった。私は、女の子の指摘が怖くなったため、電話をかけるのをやめて、すぐに帰ることにした。私のスマホには、3mほどの長いコードがついており、そのコードは駐車場の片隅にあるコンセントに刺さっていた。私は静かにコードをたぐり寄せて、コンセントを引き抜いた。

                        < 完 >

おもしろ夢日記: アラフォー男の15年の記録