いい夢みてる?

夢日記を公開したり、仕事のことを書いたり、思いつくまま気のむくまま

夢日記 ~ ボロボロすぎるカード ~

 ある町で、家族や知人ら約10人といっしょに買い物をした。その後、帰宅することになり、カードを使って駅の改札を通ろうとした。しかし、カード全体に信じがたいほどのヒビが入っており、カードはかろうじて形状をとどめている状態であった。

 とりあえず、駅員にそのカードを見せてみたところ、駅員はほぼ聞き取れないような小さい声で何か言ってきた。おそらく、「新しいカードに変えてくださいね」というようなことだと思われる。

 私は駅員を無視して、ボロボロのカードにチャージをしに行った。券売機の所定の場所にカードを立てて置こうとしたが、ヒビ割れのせいでカードはぐにゃりと曲がり、所定の場所にうまく立たない。しかたなく、私は父にカードを支えてもらいながら、カードにチャージすることにした。しかし、カードを支えている父の体がジャマすぎて、券売機にお札を入れることができず、私は悪戦苦闘した。

 しばらくして、ようやく券売機にお札を入れるタイミングができた。しかし、同時に父がカードから手を離したため、カードはぐにゃりと曲がって、チャージは失敗した。結局、改札を通れないまま起床。

                        < 完 >