いい夢みてる?

夢日記を公開したり、仕事のことを書いたり、思いつくまま気のむくまま

雑記 ~ 指導放棄する教員たち ~

 私の勤務校では、生徒手帳に書いてある校則を、生徒たちがまったく守っていない。校則に違反している生徒がいても、先生方はほぼ注意しない。専任の先生方がほぼ指導をしないので、私のような非常勤講師はどうしてよいかわからず、日々、困り果てている。授業しか担当しない非常勤講師が「校則違反です! やめなさい!」と注意しても、「担任の先生には何も言われませーん」と返されれば、どうにもできないのだ。

 

 上記の件に関することで、先日、管理職から恐ろしい話を聞いた。以前、職員会議で管理職が専任の先生方に「校則に違反している生徒がいたら、その場で指導してください。そして、指導したら私に報告してください。できますか?」と尋ねたらしい。しかし、先生方は無言だったという。

 

 あまりに先生方が無反応なので、管理職は「指導できないんだったら、この校則、なくしましょうか?」と尋ねてみたらしい。すると、口々に「それはダメだ!!」と反発の声が上がったそうだ。

 

 そこで、再び管理職が「じゃあ、違反している生徒を指導してもらえますか?」と尋ねると、やはり先生方は沈黙したらしい。

 

 このような職員会議における信じがたいやりとりがあったのが、2年ほど前だとのこと。そして、この2年間で管理職のもとに届いた指導報告は、ほぼゼロだという。異常だ。他に、ことばが見当たらない。

 

 先生方は、ルールを無視して好き放題にふるまう生徒たちを見ても、何も思わないのだろうか。生徒たちを育てたいとか、導きたいとか、そういう思いはないのだろうか。もしそういう思いがないのなら、すぐに教員なんて辞めたらどうだろう。失礼だが、教員には向いていない。

 

 そんなことを考えているうちに、私は気づいた。先生方に指導する気がないのなら、管理職が自ら校内をまわって、そこかしこで校則違反をしている生徒たちをつかまえ、指導していったらいいんじゃないのか? うちの学校はマンモス校でもないのに、校長・副校長・教頭・副教頭といった具合に、管理職は4人もいる。4人もいれば、手分けして何とか指導できるんじゃないだろうか?

 

 管理職が手本を見せてくれれば、やる気になる先生方も少しは現れる気がする。専任の先生方がやる気になってくれれば、我々のような非常勤講師も、堂々と指導ができる。早く、そういう日がきてほしいものだ。

 

                        < 完 >