いい夢みてる?

夢日記を公開したり、仕事のことを書いたり、思いつくまま気のむくまま

夢日記 ~ ラオウ、やるんですか? ~

 昼休みに流す校内放送を録音するということで、放送室に呼ばれた。放送室に入ってみると、N先生(60代・男性)が録音をしようとしていたので、私はそのようすを後ろから眺めていた。N先生は録音ボタンを押してからマイクに近づき、「ヒュー、ヒュー」と口で風の音を出した。しかし、その風の音のクオリティがあまりに低かった。そこで、私は無言でマイクに近づいて、クオリティの高い風の音を口で出し、マイクに吹き込んだ。

 その後、N先生は私に「今からラオウのセリフを全力で言ってください」と言ってきた。どういう編集になるのかは不明だが、私はラオウの声の担当らしい。しかし、周りには他にも何人かの先生がいたため、私は全力でラオウのモノマネをするのをためらった。

 そうするうちに、放送室の近くにたくさんの生徒がやってきた。放送室のドアは全開だったので、そのままラオウのモノマネを全力でやると、とんだ恥をかいてしまう。どうしたものかと思っていたとき、放送室の横にある講堂に、来校されたお客様がたくさん入っていくようすが目に入った。私が全力でモノマネをすると、お客様にも聞かれてしまう。どうにもこうにもモノマネができないまま、起床。

 

                        < 完 >